肛門も大分,自分の形に慣れたみたいで・・【エロ体験】

ア○ルセッ○スの良さがわかっていない人もいるみたいだから体験談を一つ。

彼女とはすでに付き合って5年とかになるけど、最初の頃は普通のセッ○スしかしてなかった。
まぁ、彼女は付き合うのが初めてだったし、そこまで性的なものに興味もなかったみたいだったし。
ただ俺は性的嗜好が元々腐ってたから、最初からそういうことをしたいとは思ってた。

元々,女性が恥ずかしがっている姿を見るのがとても興奮するタイプの人間だったんで,
付き合った最初の頃は,恥ずかしがる姿を見るのがとても興奮してたんですよ。
でも,付き合って2年くらいたつと段々と恥ずかしがる姿を見る方が珍しくなって。

なんとかそういう姿を見たいと思ったのがきっかけだった。

最初はア○ルセッ○スがしたいなんて言えないし,どうやって話を持っていこうかなぁ,なんて考えていた。
そんな時に,バックからセッ○スをしている時にアヌスが見えたんで,ちょっとイジってみようかと。

「触らないで」とか拒否されるかなと思ったけど,思い切って少し触ってみたら,
ちょっとだけ膣の締まりがよくなった気がして,ちっちゃな声で「…ダメ」とか言うわけですよ。

そうなると久しぶりに興奮してきて,親指の腹で触っていたのを,人差し指を入れてみまして。

段々と,興奮してきて,少し激しく指を出し入れしてたら,「…痛い」っていうから,
その時は,普通にセッ○スして終わっただけでした。

終わった後で彼女に話しを聞いたら,
「そういうのは,恥ずかしいから止めて」って。
こちらとしては,恥ずかしがらせたいからやっているものだから,
一層,興奮して,ア○ルセッ○スを絶対にやりたいって思うようになってた。

ただやっぱりその時,人差し指の臭いを嗅いだら思った以上に臭かった。
人間だし,俺も臭いから,しょうがないか,とは思ったけどね。

で,とりあえず何をしたかと言うと,俺の性癖を暴露してみた。

俺「実は,今まで言ってなかったんだけど,変態なんだ」
彼女「知ってるよ。で,それがどうかした?」

知られてたからには,言ってもいいかと思って,ア○ルセッ○スがしたい旨を伝えました。

最初は,絶対に嫌だと言っていたんだよ。理由としては
「恥ずかしい」「性校するための穴ではない」「頭がおかしい」などなど。

至極真っ当な意見だったんだけど,でも最大の理由は「痛い」ということだった。

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 00:33:40.22 ID:HhGWVHZp0
「痛い」というのが最大の理由ということで,最初の段階で失敗したことに気付いた。

たぶんア○ルセッ○スをしたい人が失敗する多くは,最初に嫌悪感を植え付けることだと思う。
なんでもそうだけど,初めての経験が辛いものだと,次にしたいとは思わないだろうし。

そこで処女だった彼女に,「セッ○スも最初は痛かったけど,今は気持ちいいと思うでしょ?」と説得を試みる。

彼女の意見を元に,「ちゃんと肛門を洗ってからやる」「痛くなったらすぐ止める」などの
制限付きで一度だけア○ルを触ってもいいことになった。

せっかくお許しが出たので,俺はア○ル用のバイブを買っていつでもアヌスを攻める準備を整えた。

で,それからたぶん一週間,二週間後に,彼女とホテルに行った時に,ここぞとばかりに彼女に頼むと。
「…約束だから」と恥ずかしがりながらも了承してくれた。
その時の赤らめた顔は,今でも興奮する。

それでホテルに着いてまず約束その一「肛門を洗う」ことを実行。
自分でやるからいい,と固辞してたんだけど,せっかくだからと一緒に入る。
裸を見せてもやっぱりそんなに恥ずかしがらないのが残念だった。

ただ彼女が体を洗おうとしたから,すかさず「俺が洗う」とボディーソープとスポンジを取り上げ,
体を洗ってあげる。
ゆっくりと首筋から旨とか洗うと気持ちよさそうに喘ぐから,ちょっと興奮した。

で,ようやく肛門を洗うと恥ずかしそうにするもんだから,丁寧に洗ってあげた。

ローションがわりの石鹸は良い潤滑油になったみたいで,意外と抵抗なく人差し指の第一関節くらいまで入った。
「気持ち良い?」って聞くと,「わからない」って伏し目がちで答えてた。
他の性感帯と一緒に肛門を洗ってあげたら,
「感じるだけど,感じたくない」みたいに,すごい感じないように努力する姿にも興奮した。

ひとしきり肛門を洗い終わったら,ベッドに移動して,いざ肛門を責め立てる準備に入った。

それからベッドでは対面座位の姿勢で,膝立ちしてもらった。
本当は,四つん這いにしたかったんだけど,それは嫌と言われたから,渋々,対面座位になった。
でも,実際,対面座位でよかったと思うのは,恥ずかしがってる姿をもろに見えるところ。

最初,ゆっくりと指の腹で撫でながら,キスしたり,乳首をなめたりして緊張をほぐして興奮させてみた。
風呂場では石鹸があったけど,ベッドではそれもないし,ローションもないから,唾液や愛液で少し湿らせながら,肛門をいじってた。
「…ンッ,アッ…」とか言ってる姿に興奮しながら,じっくりと肛門を撫でて,
もう大丈夫からと言う時に,ゆっくりと人差し指を入れたら,「ちょっと痛い」って言われた。

若干,緊張してたみたいだから,「力抜いてみて」といいながら,本当にゆっくり指を入れた。
彼女は深く息をつきながら,我慢してる感じで指を受け入れてた。

段々と力が抜けてきてから,人差し指を第二関節くらいまで入れてみたら,ちょっと苦しそうにしてた。
でも,こっちはかなり興奮してるから,早く入れたいってばっかり思ってた。
何より,恥ずかしそうに,苦しそうにしてる姿って,加虐心をそそられるというか,
やっぱり好きな人の普段は見ない姿って相当興奮してた。

「ゆっくり出し入れするよ」って声を掛けると,ちょっとだけ頷いたから,
本当にゆっくり指の挿入を繰り返してみた。

「気持ち良い?」って聞くと,「…わかんない」って答えてきて,
まだ気持ちよくないのかな,ってわかった。

そこで気持ちの良い場所と一緒に責めてみようと思って,
人差し指をアヌスに入れて,親指を膣に入れてみた。

親指程度だとあんまり感じないかな,と思って,乳首をイジリながら,じっくりと責め立ててみた。
親指と人差し指を肛門と膣内でこすってみると声色が少しだけ変わっていくのがわかった。

実際,サンドイッチとかやったことないけど,アレはきっと気持ちいいんだろうな。

で,「…ンッ,ハッ…アッ」ってだけだった声が,「アンッ,イヤッ…ダメッ…」ってなった。
気持ちよくなってるのに,抵抗しているようで,痛いわけではないみたいだった。
俺はここぞとばかりに,買ったばかりのア○ル用バイブに手を掛けた。

彼女は「ヤ,ヤダッ」って,言ってたけど,俺としても止めるのは,嫌だったから,
人差し指を引き抜いてから,「入れるよ」って言ってゆっくり挿入した。

バイブは指と同じくらいの太さで玉?みたいのが連なってるみたいな形状で,長さは20cmくらいだった。
俺はその玉を一つずつゆっくりと入れたんだけど,2,3個入れてから段々と苦しそうになっていった。
息は変に粗いし,額に脂汗が溜まる感じで,耐えてる姿は,興奮っていうか愛おしさを感じた。

ようやく半分くらい入ると,「もう痛い,入らない」って小さな声で言うから,そっとバイブの電源を入れてみた。
ヴヴヴヴって,低い音を鳴らしながら,バイブが小刻みに揺れると,膝立ちだった彼女が俺の方に崩れてきて,
「ヤダッ!止めて!」って言うわけ。

もう恥ずかしそうにしてる姿に興奮して,そのまま体を倒させて四つん這いの姿勢にさせて,
バイブで肛門を責めたら,喘ぎ声が止まらない感じだった。

こんな時間に何してるんだろうなぁ,って考えている自分がいる。

で,四つん這いになった彼女の肛門にバイブを挿入したまま膣をいじると,
あまり聞かないような喘ぎ声を発して,ものすごい感じているようだった。

その興奮を保ったままバイブをゆっくりと出し入れし,膣に指を挿入していじると,
背中にも汗が溜まって,顔を見たら,目尻に涙を流しながら,喘いでるわけ。

「痛い?」って聞いたら,「わかんない!もう,わかんない!」って。
あぁ,これは相当気持ちいいのかな,って思って,10分くらいは,そんな形で彼女をいじっていた。

膣はドロドロって表現が似合うくらいに濡れそぼってたし,
そっちの液体が混じったのか,肛門も良い具合に濡れてた。

もう我慢出来なくなった俺は「もう入れて良い?」って聞くと,
「ウン」って小さく言うものだから,ゆっくりと引き抜いてみると,
本当に小さくだけど,ポンッ,みたいな音が聞こえて,
恥ずかしそうにしている彼女の肛門を撫でてみた。

よくエロ小説とかエロゲーで「ひくひくと動く肛門」って表現があるけど,
バイブの影響か,肛門で息をしているみたいに,肛門が動いていた。

それから彼女を四つん這いにしたまま,バックの姿勢で入れようとしたら,
「ゆっくり…して…」って言われた。

彼女の望むように,ゆっくり入れようとしたら,亀頭が入らないの。
位置はあってるんだけど,膣よりか全然きつくて。

「力,抜いてみて」って声を掛けるんだけど,感じすぎてるのか,全然,力が抜けない感じ。
もう興奮してしょうがない俺は,無理矢理入れたの。

そしたら,亀頭が入るか入らないかくらいで「痛い!」って本当に痛そうに言うわけ。
さすがに嫌がってるわけじゃなくて,本当に痛そうにするから,今日は無理だな,と悟ったわけです。

で,仕方がないから,その日はその後,普通にセッ○スした。
でも,時々,肛門をいじると,キュッって感じで膣が閉まって,「ヤダァ」って恥ずかしそうにするから,
いつも以上に興奮をして終わった。

普通にセッ○スが終わった後に,彼女に話しを聞いたら,

・気持ち良いのか本当にわからない。
・大きいのは急に入らないと思う。
・入り口が特に痛かった。

などなど,参考になることが聞けた。

ちなみに俺もわかったことは,
・手前の方を綺麗にしても奥の方は無理(バイブに茶色いのが着いてた)
・肛門のどこが気持ち良いのかわからない
・入れるには,時間を掛ける必要があるかもしれない。

ということだった。

とりあえずア○ルセッ○スをする場合,エロゲーは参考にならないことがわかった俺は,
ネットや伝聞でア○ルセッ○スに関する情報をより一層調べた。

それでわかったことは,
・挿入する時ではなく,抜く時が気持ち良い。
・入り口を拡張するためには,段々と広げる必要がある。
・腸内洗浄をしてからやった方がいい。

などだった。

とりあえず,実践にうつることにする。

ここからようやく初めてのア○ルセッ○スの話になるよ。

バイブを何本も買うのが難しいので,指を1本から2本に増やしたり,
抜く時に開放感を与えることを意識しながら,肛門で感じられるように努力した。
それこそ普通のセッ○スの度に,ア○ルをいじるのが前戯の一つになるくらい。

2,3ヶ月後くらいには,恥ずかしがるけど,抵抗なく,触らせてくれて,
むしろ望んでるんじゃないかと思うくらいまで頑張った。

俺の家に彼女が来た時,定例になったア○ル責めを始めた。
初めての時は,嫌がってたのに,リラックスしながら肛門を弄れるようになってた。
征服欲とは違うのかもしれないけど,何も知らない彼女に色々と教えるのは興奮した。

指を入れてから,ゆっくりと肛門をほぐしてくると,その頃には感じてるようになってた。
「気持ちよくなってきた」というと,「ちょっと」と言ってくれるから,
四つん這いにした彼女に興奮しながら,バイブを入れてみた。

肛門だけではなくて,膣も一緒にいじるのがデフォルトになっていたから,
嬌声というのが適してるくらい,喘ぐ彼女を見て,かなり興奮していた。

俺の中で一番興奮する彼女の顔は,いつもは控えめに
「ンッ…アッ……アンッ」っていう喘ぎ声が,
「アンッ!!イヤッ!!アン,アンッ」っていう喘ぎに変わる時。

肛門をじっくり責めてるとそれが顕著に表れる。
初めの頃の嫌悪感はすでにないのに,嫌がるそぶりを見せて最後の抵抗をしているのが,興奮した。

話が変わるんだけど,肛門を弄り始めるようになってから彼女のM気質がちょっと開きはじめた。

痛いのを嫌というんだけど,前ほど本当に嫌という感じではなくなって,
乳首を甘噛みではないくらい,少し強めに噛むと「イタイッ!!」っていうんだけど,
歯を離して少し下でなめると,何かに浸るみたいに「アァ…ンッ」っていうようになってた。

肛門をいじってる時と同じように,少し苦しさがあってから,開放されるっていうのが気持ち良いみたいだった。

初めてのア○ルセッ○スは,やっぱり四つん這いにしてバックで挑んだ。
正常位でやろうとすると,位置が見えなくて無理と判断した。

じっくりと弄った後に,ひくひくと濡れそぼった肛門に今日こそはという意気込みで入れようとした。
いつも以上に勃起をしてたから,今日も入らないからと不安に思いながら肛門に亀頭を当てると,
彼女が「今日は頑張るね」って言ってくれた。

惚気じゃないけど,うちの彼女は最高です。

痛くしないように,ゆっくりと亀頭だけ入れてみる。
「ハァ,ハァ…」と苦しそうにしながら,我慢する彼女の背中をなぞりながら,腰をゆっくり進めてみた。
すんなりとは言えないけど,亀頭だけ入った感触があった。

そのまま自分の体を倒して,彼女の背中に密着するようにして,角度を調整してみる。
亀頭だけ入ると,腰に当てていた手を乳首と膣にあてがう。

結構,無理な体勢だったけど,性感帯を弄ると「ンッ…アッ」という喘ぎ声に交じって「…大丈夫だよ」と言ってくれた。
皆さんが想像している以上に窮屈な直腸にゆっくりと挿入すると,横顔だけでも苦しそうな彼女が見えた。
ちょっとした罪悪感はあったけど,やっぱり興奮してきて,腰が止まらなかった。

ようやく全部入った時の彼女の顔は,口を大きく開けて,涎が垂れるんじゃないかと思うくらいだった。
犬みたいに「ハッ,ハッ」って浅く,短く声を立ててた。

入った時の達成感はすごかったけど,「抜くよ」って声を掛けて,入れるときよりか少しはやしスピードで抜くと,
「ンーーッ!!」って食いしばるような,声を出してた。

ゆっくりと出し入れしていたものを,段々と早くすると,苦しそうにするから,
気を紛らわせるために,乳首を抓ったり,膣を弄ったりしてた。

半狂乱っていったら言い過ぎかもしれないけど,
彼女自身もどうしていいかわからないような感じで,粗く息を吐いてた。
時々,聞こえる喘ぎ声に興奮しながら,腰を打ち付けてた。

確かに膣よりか締まりがいいんだけど,ただ普通のセッ○スの時と同じ早さで動くのには抵抗があった。
でも締まりだけでいったら相当気持ちよかったのも事実だった。

そのうち,肛門も大分,自分の形に慣れたみたいで,早く出し入れしても大丈夫みたいになってた。

俺はこれでもかと腰を打ち付けて,早く射精したいと思ってた。

「ハッ!アッ…アッ…ハァ,ハァ!」と相変わらず,苦しいのか気持ち良いのかわからないような彼女がいて。

しばらく続けてたら,ようやく射精感が込み上げてきた。
俺は,この機会を逃さないようにより一層,腰を打ち付けて。

「イクよ」と声を掛けたら,「ウン,ウン!!」と彼女は応えてくれた。

コンドーム越しではあるけど,思いっきり彼女の中に出した後は,
初めてのセッ○スの時を思い出した。

少し柔らかくなったものを引き抜くときに,大きく息を吐き,抜く直前に,「ンッ」と声を出した彼女は,
そのまま倒れ込んで,息を深くして深呼吸をしてるみたいだった。

初めてのア○ルセッ○スが終わった後に,
「どうだった?」って彼女に尋ねたら,
「よくわからないよ」って言ってた。

でも「よかった?」って尋ねたら,
「…ちょっとだけ」って言ってくれた。

ア○ルセッ○スの話自体はこれでおしまい。

まぁ,一番,言いたいことは,最初は自分がしたいからア○ルセッ○スを始めたけど,
最終的にはやっぱり彼女に気持ちよくなって欲しいとしか考えなくなってた。

セッ○スするために付き合うわけではないけど,
付き合ってく上でセッ○スは大事だと思うし,
いろいろなことを試してみた方がいいと思った。

実際,それ以降ア○ルセッ○スとかそこまでしなくなったし。
目的が途中ですり替わった気がするけど,それはそれでありかなと思う今日この頃です。


PAGE TOP