かっこいいお兄ちゃんとのエッチは気持ちいいの【小中学生 エッチな話】

私(13)にゎ高校2年生のカッコィィお兄ちゃんがぃます。
母親が違くて、義兄なんですけど…

先週の金曜日の夜中、私がベットに寝ながらちょっとェッチな漫画を読んでたら、お兄ちゃんが突然部屋に入ってきてカッコィィ甘い声で、
『あゅ今日、一緒に寝なぃ?』
って言ってきて私は、
『えー…もぉ、あゅ中学生だし1人で寝れる-』
と拒否してたんですけど…兄の甘い声でしょうがなくしてしまぃました…
はじめゎただ寝るだけだと思ってたんですけど…ちょうど読んでた漫画が兄妹のラブ物語で…
もしかしたら―!?
とか考えちゃって…

まぁそんなことなぃかぁ
って思った瞬間、兄が私を『ぎゅっ』と抱き締めてきたんです。
えっ?
とか思って『お兄ちゃん?どうしたの?』
と聞くと兄ゎ
『我慢できねぇゎ…あゅごめんな…』
と言い、私の胸に手を入れて揉みはじめました。
お兄ちゃんの片手ゎ私のァソコにきてクリを触ってきたんです。

感じてぃる私を見てお兄ちゃんゎ耳元で
『あゅ…ハァハァ……可愛いょもっと感じて…?俺がお前をイかせてゃるから…声出して…?あゅの可愛い声聞きたい…』
と、言葉でも攻めてきたんです…
カッコィィ声で…甘い声で言われた私ゎ我慢してた声をだしました。

すると
『ょくできましたやっぱりあゅゎ可愛いなぁ…ほらァソコもクチュクチュぃやらしぃ音ならしてる…俺の入れてほしかったらお願いするんだょ…?』
と言ってきて…私ゎたまらなくなり、
『お兄ちゃん…あゅのマンコにおっきぃチンチン入れて…?』
と言ってしまいました//

お兄ちゃんゎお願いどぅりにバック・正常位・騎乗位・等々で私のァソコに入れてくれました。
何回も何回もイっちゃいました…//
ゴムがなくなってまた明日ということになり、その日ゎ寝ました。

次の日も、その次の日も…
今日までずぅっとやってきました。

体力もたなぃけど…
カッコィィお兄ちゃんとゃるとなると元気がでて何回もやっちゃいます。

また今日もゃるのかなぁ…


PAGE TOP