処女の美大生がヌードデッサンのモデルになり、性器が結合したポーズをとらされた体験談【エロ体験】

これは、数年前、私が美大の学生だった頃のことです。

絵画を勉強していた私は、授業以外にもデッサンのサークルに入っていました。

男女合わせて30人程の部員がいました。

毎週2回、サークルの部室兼アトリエに集まり人物デッサン行います。

モデルを呼ぶお金も無いので、部員たちが交代でモデルになりました。

[adrotate group=”1″]

デッサンの対象はヌードデッサンです。

モデルをやる人は、衣服を脱いで下着まで全て下ろして、

全裸にならなければなりません。

大抵は1年生か2年生の女子がモデルをさせられました。

4人いた1年生の中では、たまたま私が最初に順番が回ってきて、

初めてヌードモデルを経験しました。

当時、処女だった私は、

人前で自分の裸を曝すのはこのときが生まれて初めてでした。

部員皆が見ている前で、ブラウスを脱ぎ、

スカートを下ろして、ブラとショーツになりました。
この日、私は白いレース模様のブラとショーツを付けていました。

女子だけならまだしも、当然、男子部員たちにも下着姿を見られています。

私は恥ずかしさで顔が紅潮していました。

次にブラを外しました。私のピンク色の乳首があらわになりました。

そして、私は意を決して、ついに最後の1枚、

ショーツのふちに手をかけてゆっくりと下ろしました。

ショーツの布が私のお尻をするりと抜けていくとき、

空気が直に下半身に触れる感触に、私の恥ずかしさは頂点に達しました。

私はショーツを足元から抜き取ると直立しました。

私の黒々とした濃い目の陰毛やお尻の割れ目が皆の前にさらけだされました。

私は、みんなの視線、特に男子達の視線を痛いほど感じました。

ここで、4年生の女子の先輩がポーズを指示しました。

ポーズは、サークルで購入していた市販のポーズファイルとか

ヌードポーズ集などを参考に先輩が決めます。

ポーズ集には色々なポーズが載っていて、

中には、仰向けで両脚をV字型に開いて高く持ち上げたポーズや

四つん這いでお尻を突き出したポーズなどかなり過激なポーズもありました。

ポーズ集の写真のモデルはもちろん全裸ですが、

秘部が見えるようなポーズでは、その部分は

ぼかして修正されていました。

男女2人で裸で組むようなポーズが載っている本もありました。

この本では、女性は全裸ですが、男性は確かブリーフをはいていたと思います。

私が最初にとったポーズは、

両手を後ろに組んで直立したオーソドックスなポーズでした。

その後、体育座りのように両膝を組んで座るポーズ、

ベッドの上で頭の上で手を組んで仰向けになったポーズと続きました。

部室兼アトリエにはモデル用のベッドが置いてあり、

ベッドの上でポーズを取ることもあります。

両膝を組んで座るポーズをとったときには、

組んだ両脚の付け根の部分の奥に私の大陰唇の割れ目が

はっきりと見える格好になりました。

私の股間に注がれる男子の視線を感じました。

ところが、その次に先輩が指示したポーズはなんと、四つん這いになることでした。

私は恥ずかしさに真っ赤になりながらベッドの上で四つん這いの格好になりました。

最初は両脚を閉じていましたが、

先輩が、両膝をもっと開き頭を下げるように言いました。

そうすると、必然的にお尻が思い切り突き出されたような格好になります。

今度は、私の性器、大陰唇の割れ目ばかりかお尻の穴まで、

皆の前に完全に露出される格好になりました。

私の真後ろに座っている男子からは、

きっと私の肛門の皴の数まで見られていたと思います。

四つん這いのポーズのデッサンが終わると、

次に男女ペアのポーズをやるのでそのままの格好でいるように言われました。

すると、4年生の男子の先輩が服を脱ぎ始めました。

全裸になると先輩のペニスは既に天井を向くほど勃起していました。

さっきまで、私の裸や性器まで存分に眺めていたから無理もないと思いました。

今度のポーズは、写真集にも載っていた、

四つん這いになった女性の後ろから女性の腰に手を添えて

男性が覆いかぶさるようなポーズでした。

先輩は四つん這いになった私の後ろに立つと、

剥き出しになった私のお尻を掴みました。

そして、腰を私のお尻に密着させてきました。

先輩の勃起したペニスが私の性器から肛門の辺りに押し付けられました。

皆がデッサンをしている間、

私たちは、その状態のまましばらくじっとしていました。

私の大陰唇には、彼氏でもない男性のペニスがぴったりと密着していました。

私は秘部に温かいペニスの感触を感じていました。

次に指示されたポーズは、仰向けになった女性がM字型に股を開き、

男性が女性の両脚を抱え覆いかぶさり、2人の体全体を密着させるポーズでした。

これは、まさにセックスのときの屈曲位の体位そのものでした。

私は仰向けになり、

蛙のような恥ずかしい格好で両脚を大きく拡げなければなりませんでした。

私の股の間の秘密の部分が皆の目の前に全て曝け出されました。

私は「これは芸術のためだから」と、

自分を納得させ、耐え切れないほどの恥ずかしさを必死に抑えていました。

そして、大股開きの私の両脚を、

男子の先輩が下から抱えて更に持ち上げるようにして覆いかぶさってきました。

私と先輩の上半身はぴったりと密着し、

私の顔の横に先輩の顔がありました。

二人の呼吸まではっきりと聞こえました。

もちろん、下半身では、

私の大陰唇に先輩の熱く勃起したペニスが押し付けられ、

挿入こそされていないものの

二人の性器はぴったりと密着しています。

股間に目をやると、私の陰毛と先輩の陰毛が絡み合っていました。

そのままじっとしていると、時折、ペニスが脈打つ感覚が伝わってきました。

私は、「いま、私の性器に男の勃起したペニスが密着している。セックスでは

これが私の膣の中に挿入さるんだ。ペニスで膣を貫かれるのはどんな感じなんだろうか」という思いが頭をよぎりました。

私は、いつの間にか濡れていました。

それから、1ヶ月ほど経った頃でした。

私は既に2回ヌードモデルを経験していて、

この日が3回目のモデルをやる日でした。

裸になることへの抵抗は少し薄れてきましたが、

恥ずかしさだけは変わりませんでした。

この日は、初めから男女ペアのポーズでした。

仰向けになった女性に男性が覆いかぶさる屈曲位のようなポーズを指示されました。

私は、前回のときと同じ様に大股開きで横になり、

私の両脚を男子の先輩が抱えました。

この時の男子のモデル役はサークルの部長でした。

ところが、このとき、先輩が、

「このようなポーズのときに男女の性器が繋がっていないのは、ポーズとして不自然だから、性器を結合させよう」

と言いました。

突然のことに、私はどうしていいかわかりませんでした。

性器を結合させるということは、今、この場で性交をするということです。

私は自分が処女だということを皆に知られることに少し躊躇しましたが、

思い切って、「わたしはまだ処女なので困ります」といいました。

しかし、先輩たちに、「芸術のためだから」ということで、

結局説得される形になってしまいました。

私は仰向けの状態で思い切って股を開きました。

皆が見ている前で、先輩は私の両方の太腿をしっかりと押さえ、

硬く勃起したペニスを私の大陰唇にあてがいました。

ペニスが大陰唇の割れ目に触れたとき、私は、

「こんな太く大きいペニスが私の小さな割れ目に入るんだろうか。

彼氏でもないペニスが私の処女膜を破って膣に入ってくるんだ。

私は今から処女を喪失するんだ。」という思いがよぎりました。

先輩はペニスをゆっくりと私の割れ目に押し込んでいきました。

その様子を、サークルの皆が息を飲むように見ていました。

ペニスが徐々に私の股の割れ目に食い込んでいくのを感じながら、

私は、人生で初めて自分の

性器にペニスが挿入される実感をかみしめていました。

ペニスがメリメリと強引に体の中にめり込んでくるような感じでした。

ペニスの亀頭の部分が完全に膣にめり込んだとき、

私は股間が裂けるような痛みを感じました。

しかし、先輩は私の両肩を押さえて、さらに深くペニスをグッと突き入れました。

そしてついに私の膣の奥までペニスが貫通しました。

私は痛みに声を上げました。

自分の股の間に目をやると、先輩の太いペニスが根元まで食い込み、

私の先輩の陰毛が絡み合っているのが見えました。

私は、「ついに性器が結合したんだ。処女喪失したんだ。」と思いました。

私は泣いていました。

先輩が私の髪を撫でてくれました。

そして、皆がデッサンを始めると、先輩はペニスを私の股の奥まで入れたまま、

じっと動かずにいました。

私は目を瞑ったまま、股の奥に感じる異物感や痛みと同時に、先輩のペニスが

私の体の中でピクピクと脈打つ感覚を感じていました。

しばらくして、デッサンが終わると、

先輩はゆっくりと私の膣からペニスを引き抜き始めました。

ところが、ペニスが私の膣から抜ける直前、

先輩は再びズブズブッとペニスを私の膣内に突き入れてきました。

私は、一瞬「えっ」と声をあげましたが、

先輩のペニスは私の膣をピストンしてゆっくりと往復を始めました。

そして、先輩は唇を重ねてきました。

先輩のペニスで貫かれながら、

私は先輩の背中を両手で強く掴んで夢中でキスをしました。

私は先輩と舌を絡め、股を擦り合わせながら、

いつしか興奮していました。

私は泣き声とも喘ぎ声ともわからないような声を上げていました。

後ろから見ると、私たちの結合部分の様子、

先輩の勃起した太いペニスが私の股の間の割れ目から

出たり入ったりする様子が、皆から丸見えだと思います。

先輩がペニスを抜き差しする度に、

私の小陰唇や膣の粘膜が先輩のペニスに絡みついて

捲れ上がっている様子を、皆は息を呑んで見ていました。

結合部分からは愛液が溢れる卑猥な音がして、

私はこの上ない恥ずかしさを味わっていました。

私の愛液で先輩のペニスはテカテカと光っていました。

そして、先輩のペニスが私の中で一段と大きくなって、

膣がさらに押し広げられるような

感じがしたかと思うと、ペニスがズズッーと突然引き抜かれました。

その直後、先輩は射精しました。

先輩のペニスから大量の精子が私の下腹部、陰毛や大陰唇のあたりに注がれました。

私は始めて、男の人のペニスから放出された精子を見ました。

終わった後、女子の先輩たちからは、

「よく決心して、がんばってくれたね」と声をかけてくれました。

こうして、私の初体験は終わりました。

それから、部長だったこの先輩から時々呼び出されて、

先輩の下宿で二人きりでセックスをするようになりました。

でも、交際しているというわけではありませんでした。

二人のセックスは、先輩の性欲の処理のためだったような気がします。

私も、処女を捧げた男性ということもあって、

なんとなくセックスを了承していたように思います。

結局、この先輩とは50回以上のセックスを経験しました。

中出しされたことも何度かありました。

その後、私は同じサークルの2年上の他の先輩と交際するようになり、

人並みにセックスを楽しむ大学時代を送りました。

彼は、私が処女喪失したときのセックスの様子を見ていましたし、

部長との過去の関係にも気づいていました。

それを意識してか、

激しく私の肉体を弄ぶセックスをすることが多かったと思います。

私の膣襞に刻まれた過去の男のペニスの記憶を消すかのようなセックスでした。



PAGE TOP