体の関係のある女友達のお願い 【エッチ体験談】

皆で遊んだ次の日からA、B、C、Dはうちに入り浸り、毎日の絵里や君江との罰ゲームの話で盛り上がり、オッパイの感触が忘れられないとか、乳首が立つとコリコリしてていい感じだとか、オマンコも見たかっただの触りたかったと興奮して盛り上がっていた。

また誘ってみる?という話もあったが絵里が生理になっていたこともあり具合が悪いと言っていたので誘うこともなかったです。

それから一週間ほどたった頃、絵里から「話があるから行っていい?」と電話がありました。
なにやら深刻そうな感じでした。僕は不安で妊娠しちゃった?いやいや生理って言ってたし!まさかもう僕との関係を解消とか?とネガティブな方向ばかり考えていました。

絵里が来ると真剣な顔で「真剣な話なんだけど・・・あのね?カズは君江のことどう思ってるの?」と聞いてきました。「え?なんで?」と僕は聞き返しました。

「君江って綺麗でしょ?プロポーションもいいし」そう言って来たので何が言いたいのか良くわからないまま「そうだね、美人だと思うよ」と言うと「好き?」と聞かれました。僕は正直に「好きだけど、友達としてな!でも彼女だったら自慢できるな」と言いました。

絵里はちょっといじけた様に「どうせ私なんかよりいいでしょう。君江は清楚だし。私は淫乱女ですよ!」と言ったので「でも俺は絵里の方が可愛くて好きだよ」と言って抱き寄せキスしました。

キスだけでオチンチンはギンギンでそのまま押し倒してエッチしようと思ったら、「ダメ・・・今日はそんな気になれない」と言われました。
「俺のこと嫌になったの?」と僕が聞くと「違うよ。あのね・・・」と話を切り出してきました。

絵里と君江とは仲が良く中学校になってからもよく一緒に遊んだりしていたそうで、あの日も絵里が僕の家に遊びに行くと言ったら私も行きたいと言って一緒に来たそうです。

あの後、君江の家に呼ばれ遊びに行ったらしく、その時に君江が小学生の時から僕のことが好きだったと聞かされ、でも僕は絵里のことが、絵里は僕のことを好きなんだろうと感じていた君江は、ずっとそのことを言えずいたらしいです。

君江は僕達と違い頭が良いので、僕達が地元の高校に行くのと違い、私立の全寮制の女子高に行くことが決まっているので、もうなかなか会えないというものあり、絵里に本心を打ち明けたらしいです。絵里もそんな君江のことを裏切るのは嫌で、僕との関係を話してしまったらしいです。

付き合ってはいないけど体の関係はあると言うと、君江はたいした驚きはしなく、付き合ってるものだと思っていたので、僕と絵里の二人の様子を見ると体の関係はもうあるだろうと感じていたらしです。

そして絵里に「カズの事はどう思ってるの?」と聞かれ、「愛してるとか良く分からない。でも自分の周りにいる男の人の中では1番好き」と答えたらしいです。

君江は「カズは付き合っていない私とエッチできるかな?嫌かな?」と冗談ぽく言ったかと思うと、「絵里はいいなー。私も初めての人は好きな人としたいな・・・」と言ったそうです。

その日はそれで帰って来たそうですが、自分の家に帰った絵里は自分なりに考えたそうで、確かに自分も最初は僕じゃないとと思ったらしく君江もそんな気持ちなんだろうなと感じ、君江に電話して「もしカズがキミちゃんとエッチしてもいいって言ったらどうする?」と聞くと「してもらいたい」と答えたらしく「じゃー私がカズに聞いてあげる」と言ってうちに来たらしいです。

僕は驚きました、君江の気持ちにもそうでしたが、絵里は僕が君江とエッチをしても平気なのかな?と思いました。そして絵里の気持ちを聞くと「他の女の人なら絶対に嫌だけど、キミちゃんならって思う。カズはキミちゃんじゃ嫌?できない?」と聞かれたので、「絵里が君江としてほしいと言うなら」と答えました。

絵里は「してほしいって言うんじゃないんだけど・・・でもキミちゃんとエッチしてくれるんだよね?いいんだよね?」と言うので「君江が始めてが俺で良いって言うなら、でも付き合うとか言われても無理だよ。俺は絵里のこと好きだから」と答えました。

絵里は「ほんとに?じゃーキミちゃんにカズがOKしたって言っていいんだよね。今日でも大丈夫?」と言いました。俺が絵里のこと好きって言ってるのに、そこはスルーなんだなと思いましたが「いいよ」と答えました。

絵里は電話を貸してと君江に電話を掛けに行きましたが戻ってきて、君江にも心の準備があるから明日でもいいかと言って、明日君江がうちに来ることになりました。
そのあとは、絵里が君江には優しくしてとか痛くしないでねとか中出ししちゃダメよとか・・・君江の心配ばかりしていました。

次の日、君江が来る前にシャワーを浴びオチンチンを綺麗にしました。ベッドを綺麗にして君江は出血するかもとバスタオルを敷き、コンドームを枕の下に隠しました。

緊張して待っているとチャイムが鳴り出ると、君江と絵里の2人が立っていました。僕は君江だけが来るものだと思っていたので、ちょっと驚くと、君江が「一人で来るのは不安だったから絵里と一緒に来た」と緊張と恥ずかしさで顔を赤らめて言いました。それとは逆に絵里はニヤニヤしていました。

二人を部屋に上げてもう一度確認しました。僕は「君江と付き合うとか出来ないけど本当にいいの?」と聞くと「カズ君さえ、こんな私でよければ・・・ごめんね変なお願いして」と恥ずかしそうに言いました。

「いや、俺の方が君江みたいな美人としていいのかって感じだし。正直嬉しいよ」と言いました。絵里にも「本当にいいんだよね」と言うと絵里は真剣な顔で無言でうなずきました。

「ところで絵里は見てるの?」と聞くと「まさか!適当にフラフラして後で戻ってくるね。キミちゃん待っててね。頑張って!」と笑って言い、僕には「キミちゃんのこと頼むね」と出て行きました。

2人きりになった僕は照れながら「じゃー」と言って、君江の手を握ってベッドに連れて行き座り、軽くキスをしました。君江は顔を真っ赤にして緊張のせいか少し体をかたくしていました。

君江の服を脱がし下着姿にすると、めちゃくちゃプロポーションがいいです。
君江が自分に気があるのを良いことに僕は「すごく綺麗だね。良く見たいんだけどいい?」と聞き、君江を立たせました。オッパイも大きく、くびれた腰、綺麗なヒップラインです。
なんといっても、大人びたレースが付いている下着で興奮しました。

「大人っぽいね。本当に綺麗な体してるよね。プロポーション抜群だね」と言うと「恥ずかしい・・・バレエしてたからかな?」と言いました。

「バレエしてたんだ」と言いながら僕は立っている君江を抱きしめてキスをしました。今度は舌を入れてお互いの舌を絡めました。そうしながらブラのホックをはずしオッパイを揉みました。少しずつしゃがみながら口を下に下げていきました。首筋から乳房、乳首へと・・・

体は震えていました。乳首を舐めると「んん」と声が漏れ、乳首を吸うとガクッと膝が崩れました。慌てて腰の辺りを押さえて、そのまま体制を直しパンツに手を掛けてゆっくりと降ろしました。

目の前に君江のマン毛が露出しました。絵里と同じように薄めの毛でした。ワレメの丘は絵里に比べるとプックリとしていました。

僕も立ち上がり、またオッパイを舐めたり吸ったりしながら、ワレメに沿って指を這わせました。
クリトリスあたりのワレメに指を潜り込ませ前後に動かすと「ん、んん、あん」と声が出てきて、ガクガクと脚を震わせました。

「もう立っていられない」と君江が言うのでベッドに座らせ、君江の顔の前に僕は立って、「君江もしてくれる?」と言って君江の手を持ち僕のオチンチンへ持っていきました。

ズボンの上から少し撫でながら「もうこんなになってるんだね。前と同じだね」と言ってズボンを脱がせにかかりました。それと同時に僕はTシャツを脱ぎました。

パンツ姿になると、君江は「なんでこんなになるの?」とパンツの上から亀頭を2本の指でニギニギしながら言いました。

「そりゃ、立っちゃうでしょ」と言うと「ううん、ちがうパンツ濡れてるでしょ?」と言われ、またかー!と思いました。その頃の僕はパンツがビショビショになるくらい我慢汁が出てしまっていました。特にこの日は量が半端なく出てしまっていました。

「君江が色っぽいから興奮しすぎたんだよ。女と同じで感じると濡れるの!」と言いました。

「見ていい?」と言いながらパンツを脱がすと我慢汁でテカテカになり糸を引いてしまっているオチンチンが君江の目の前に出てきました。君江はそんな僕のオチンチンを摘んで、先のほうの我慢汁を触って「ヌルヌルしてるね」と言いました。

そんな君江がいやらしく興奮し、さらに我慢汁は溢れてきます。

「本当にすごくいっぱい出てくるんだね。オチンチン舐めるんだよね?できるかな?」と言うので、「嫌なら無理しなくていいんだよ」と言うと、「ううん、嫌じゃないよ。カズ君の舐めてみたい。そういうんじゃなくてうまく出来るかな?って意味」と言いました。

「じゃー舐める前に拭くね」と我慢汁だらけのオチンチンじゃ嫌だろうと思いティッシュを取ろうとするとオチンチンがゾクッとしました。君江が僕の我慢汁だらけのオチンチンをペロッと舐めた瞬間でした。
そして「大丈夫だよ。カズ君のだもん」と言ってペロペロと舐め始めました。
先の方ばかり舐めるのでビクビクしてしまいます。
「どうすると気持ちいいの?」と君江が聞くので、咥えて舌を動かすとか、玉を触りながらとか、カリや裏筋に沿って舌を這わせたり、咥えながら手でシコシコするなど教え、それを一生懸命してくれました。
君江の口は小さく、頑張っても亀頭位までしか咥えられませんでした。

「今度は俺がするね」と君江を寝かせて、オッパイを揉みながら舌を体中に這わせました首筋からオッパイ、乳首、お腹と下がっていき、オマンコあたりは飛ばして太ももを舐めながら、少しずつ脚を広げていきました。その頃には君江の息は荒く、喘ぎ声も出ていました。

内股を広げると君江のオマンコが見えました。内股に舌を這わせ、オマンコを避けその周りを舐めました。オマンコの近くを舐めるとビクンと体をのけ反らせ可愛い声を出します。それを数分楽しみ、オマンコを指で広げました。愛液が出ていて感じて喘ぎながらも「恥ずかしい。嫌、嫌」と言っていましたが、脚を閉じようとはしませんでした。

ついにオマンコをベロベロと舐めました。ビックリするほど体をねじらせ喘ぎ声を出しました。
押さえつけながらオマンコをもっと舐め君江の愛液の味を楽しみました。君江の愛液はちょっと酸っぱい感じがしました。匂いはとても良い匂いでした。

クリトリスを舐めたり吸うと、ビクビクビクと痙攣に近いような感じに下半身を震わせます。
それを楽しんでいると、「ダメ、嫌、嫌、変になっちゃう・・・やめて!お願い」と言ってオマンコを舐めている僕の頭を押さえて離そうとします。

僕はそれでもおかまいなしに舐め続け、指の第一関節程度を少し穴に入れたり出したりしながら刺激すると「嫌、嫌、んんん・・・くぅぅぅぅ」と苦しそうな声を出して脚を突っ張らせ、腰を持ち上げビクビクとさせました。いったんだなと思いました。

君江は力が抜け、頭の中が白くなったようにボーっとしてました。
僕は君江の横に一緒に寝て、君江の頭を撫ぜながら「終わりにする?」と言うと、君江は首を横に振りました。

乳首を摘むとビクンと体をさせて「だめー」って言います。可愛いなと思いながらそれを何度か繰り返していると。
「よしっ!」と言って君江は起き上がり、僕のオチンチンをフェラしてきました。僕も気持ちよくしばらくさせていました。そして君江のオマンコに手を伸ばし愛撫しはじめると君江も感じてきて、「そろそろ入れてみる?」と言って、君江を仰向けにさせました。

オッパイを揉み乳首を吸いながら、枕の下のコンドームを取り出しました。なんとか分からないようにつけようとしましたが出来ません。仕方ないので「コンドーム付けるね」と正直に言って体を起こしました。

ムードも何もありません。すると君江は私が付けてみたいと言いました。
付け方を教えながら、慣れない手つきで僕のオチンチンにコンドームを付けてくれました。

君江の両脚を広げて手でオマンコを確認すると充分濡れていたので、そのままオチンチンをオマンコにあてがい、ゆっくりと挿入していきました。亀頭が入りきるまでは少し痛がっていました。何度も「大丈夫?やめる?」と聞きましたが君江は「入れて」としか言いませんでした。

亀頭が入ってしまうと、意外にその後は入っていきました。君江の中はキツキツでした。絵里の初めてのときもこんな感じだったなと思ってしまいました。君江も入っている部分を手で確認して、「こんなに入っちゃったね」と痛がりながらも言いました。

ピストンを動かすたびに「ん!ん!痛い、ん!」と声にならない声を出していました。そしてやはり奥に当ってしまうと苦痛な声を出し痛がっていました。
少しピストンを続けてると、君江の目から涙が出てきました。
「痛い?やめる?」と聞くと「ううん」と言います。

「だって泣いてるじゃん」と言うと、「カズとセックスできて嬉しいの。初めてはカズにしてもらいたいって思ってたから」と言いました。そう言われると、男としては嬉しいです。

そして気持ちも入ってしまったのか、ピストンも早くなっていきいってしまいました。

オチンチンをゆっくり抜くと少し血が混ざっていました。
コンドームを取ると、君江は見せてとコンドームを手に取り、「血が出ちゃってるね。汚いね、ごめんね」と言いました。

「そんなことないよ。気にするなよ当たり前のことなんだし」と言いました。コンドームの中に入っている精液を見て「こんなにいっぱい出るんだね」と言いました。
この時は普段より沢山出ていたと思います。

その後は、僕が君江のオマンコを綺麗にティッシュで拭いてあげました。
二人とも服を着ながら僕が「痛い?」と聞くと君江は「少しね」と言いました。

話しながらちょっと待っていましたが絵里が帰ってくる様子がありません。
僕は、また君江のオッパイを触りだし、一度着た服を脱がせオッパイを出させました。オマンコは痛いだろうと思い触りませんでした。オッパイを揉んだり舐めていると、またオチンチンが勃起してしまいました。そして君江も僕のオチンチンを触ってきました。

「また起っちゃってる。出したい?」と聞くので、「出したい」と言うと君江はズボンとパンツを下げました。そしてフェラをしてくれました。

「いきそう?」と聞かれたので、僕は「舐めながら手でして」とお願いをし、君江の手を取り、握らせシコシコさせました。君江は亀頭を咥えたり舐めたり、出てくる我慢汁を吸ったりしながらシコシコしてくれ、僕は君江のオッパイを揉みました。

「いちゃうかも」と僕が言うと、「出すとこ見てみたい」と君江は言いました。
ついに僕は「もうダメいきそう、いくよ」と言うと、君江は口を離して、手で僕の精液を受け止めました。「すごい出てるで、ドピュドピュって言うの分かる気がする」と言っていました。

君江は手に出た精液を、指で摘んで持ち上げたり手のひらで混ぜたりして匂いも嗅いでいました。
女の人ってやっぱりこうやってみたいのかな?と思いながらティッシュを取って渡しました。

君江は手に出た精液をティッシュでふき取りながら「エッチなDVDみたいに口に出したかった?飲んでほしかった?」と言いました。
僕は「男はみんなそう思うんじゃないかな?俺もそうだけど、無理に飲んでほしくはないよ。嫌ならそれでもいいし」と言いました。

それには反応はなく、僕のオチンチンを見て「あ、どんどん小さくなっていく」としぼんでいくオチンチンを見ていましたが、それを握って「まだ出るかな?」とシコシコしました。

「今出したばかりだから出ないよ。すぐには立たないし」と言うと「違うよ。精子残ってるかな?って・・・あ、ちょっと出てきた」と言って、シコシコを続け、「あ、まだ出てきてる、垂れちゃう」と言うとパクっと咥えて残り精液を舐めてくれ、チュバチュバと吸い出してくれました。
そして「私はちょっとダメかも」と言いながらも飲んでくれました。

絵里は来ませんでした。君江も「なんでかな?」と言いながらもう遅くなるので帰るといいました。

そして僕に「本当にありがとうね嬉かった。私は今日のこと忘れないからね。でもカズは忘れてね」と言いました。

「俺もわすれないよー」と言うと「だめ、忘れてお願い」と言われました。
でも、帰り際に「じゃーね!ありがとう。でも忘れられなくてまた来ちゃうかもよ」と君江は冗談ぽく言ったので「おう!君江ならいつでもOKだぞ」と言いました。

すると君江は急に涙ぐみ顔を背け、「ばいばい」と言って帰っていきました。なんだか僕は悪いことをしたな・・・もう君江とは会えないのかな?と思いました。

絵里のことが気になり電話をしてみましたが、「ごめん、戻るって言ったの忘れてたー」と言って「今、ちょっと手が離せないんだ。君江にも私から謝っとくね」と言って電話を切られました。





PAGE TOP