犯されてる感がたまんない【出会い系 エッチな話】

私 都内、24♀、163、猫顔、山口ナオミ似

相手 都内、当時27♂、178程、アンタッチャブル柴田似

暇つぶしにチャットで雑談。そのうちエロ話に。柴田似にSの醍醐味やらを延々語られる。

「言葉攻め」「羞恥心を煽る」などのキーワードに、
「ここテストに出るからねー」と柴田先生。

夜な夜なセクロス討論会を繰り広げて行くうちにだんだん夜が明けてきて、柴田先生が「もう始発走ってて、そっち行けちゃうんだが」と実践演習を提案。

雑談の段階で同沿線上に住んでいる事が判明していた&柴田仕事昼からで私休日。

条件は揃っている!よし!実演開始だ!写メ?そういや交換してないよ!

私「私クリーチャーかもしれないよ。肉まみれだよ。」と釘を刺しておく。

柴田「もうこうなったらなんでもいい!!!!」 え?交換しなくていいの?? 走りだした性欲は止まらず。必死ダナ。

最寄り駅まで迎えに行く。

その間、部屋に通していいものかとか可食範囲外だったらとか様々な思考が巡るが、深く考えないようにしよう!都合のいいように考えよう!

電話で誘導しつつ合流。ああ、似てる、うん、柴田。
うーん…..微妙。微妙なライン。全然フツメンなんだけど、好みでは無い。

どうしよう、うーん。食えない事も無い…..よね?よし!食べれる!

と脳に麻酔打って思考を止める。てか性欲のが勝ってただもん!仕方ないじゃんね。

コンビニ寄って我が家へ。普段御用達のコンビニなんで、勿論私は外でオリコウサンデマッテイタ(・∀・)

京都出身らしく、京都話でしばし盛り上がり、会話が止まったスキにいきなりキスされる。

キスウマーだけど、ちょい唇と舌の柔らかさが足りない。惜しい。

じわじわ首筋からおっぱいに舌を這わしてくる柴田。乳首を絶妙な指使いで弄くりまわされる&言葉攻め。

服のみ剥がされて四つん這いにさせられ、下着の上からヨコから栗や穴を攻められまくる。

「あ~あ、こんな恥ずかしい格好しちゃって」とか「大洪水じゃん、エロいなぁ」やらを関西弁でねちっこく言葉攻め。

今まで関西弁は苦手だったんだけど、新境地開拓キタ(゚∀゚)コレ!!悪くない。

ひっくり返されて手マンやクンニでこれまたねちっこく攻められる。アンアン言って何度か昇天。

柴田の希望でパイズリ。柴田は初めてらしく、えらく感動していた。

エロい顔作って柴田の顔見ながらフェラ。唾液垂らしたりカリ中心に舌で攻めたり、見せつける様にフェラ。

そんな感じでしばし遊んでから、だんだんフェラに集中。激しくしたり奥までくわえたり。

柴田が「おっぱいで逝きたい」言うから、パイズリに変更。で柴田昇天。
回復が異常に早い柴田。またあっちゃこっちゃ攻められて、ゴムつけて挿入。

体位変えるの早スギ、とツッコミたくなるくらいくるくる体位変える。アクロバティック。突きはゆっくりめ。掻き回す様にちんこ動かす。超気持ちイイ。

寝バック+言葉攻めはまたまた新境地開拓キタ(゚∀゚)コレ!!犯されてる感がタマンナイ(*´Д`)  満足でした(*´Д`)ゴチソウサマ

出した後もずっとおっきしっ放しの柴田。
「これは嘘立ちやから気にするな」と。なんだそれはw

そんなそそり立ってるの見ると舐めたくなるじゃんね。
「仕事行きたくなくなるからヤメイ」って言われた(´・ω・`)

その後柴田出勤まで雑談したり軽くいちゃいちゃしたりしてバイバイ。もう一回戦シタカッタ(´・ω・`)

何度か会ってセックスしたり飲んだりするものの、こちらが多忙期に入ってその後断り続けてたら、そのうち連絡来なくなっちゃった。

色んな新境地をありがとう。


PAGE TOP