彼女が盗撮されてるところを見て僕までも…【エロ体験】

前に彼女と100円ショップに行った時のことですが、この時の興奮が忘れずに未だに思い出してネタにしています。

店内でお互いに好きな商品を見ようということで、しばらく別行動していました。

しばらくして彼女を探すと文房具コーナーで熱心に商品を見ていました。

もうそろそろ帰らないかなと声を掛けようとすると、彼女のすぐそばにいる男が商品を見ながらチラチラ彼女を見ているのに気付きました。

妙に胸騒ぎがした私はなぜかとっさに身を隠してしまって、二人を棚越しで観察するような形になりました。

その日の彼女の服装ですが、上がベージュのVネックのニットに下はデニムミニ、生脚にブーツでした。

男は彼女の背後にしゃがむとしきりに周りを見ながら上着のポケットに手を入れています。

彼女が前屈みになって商品を見始めると、男がその手をポケットから出して彼女の太ももの裏の付近に伸ばした、と思ったらすばやくポケットに戻しすぐに立ち去りました。

一瞬の出来事でしたが、その手の画像やDVDが好きな私はすぐにピンと来て、怒るどころかチンコがビンビンになってしまいました。

もう少し様子をみようと思い隠れていると、今度は彼女が屈んで見ていた商品を手にとって無防備にしゃがみました。

すぐにさっきの男が帰ってきて棚の反対側にしゃがみました。

今度はポケットからデジカメを出すのがわかりました。

数枚撮ったのかそれをポケットにしまうと、その後は棚に顔を近づけて、彼女の下着を目に焼き付けるように、しゃがんだ彼女のスカートの中を覗き込んでいます。

私の興奮はもう最高潮です。

しばらくして彼女が立ち上がり私を探し始めたのがわかったので出て行きましたが興奮で膝はガクガク、声はかなり上ずっていたと思います。

男はすぐに居なくなったので店外に出たのでしょうか。

わかりませんでした。

その後、彼女の部屋に行き、興奮冷めやらず唇を奪いながらデニムミニに手を差し入れました。

暖かい太股の奥。

さっき男に盗撮されてしまったパンティに指を食い込ませると少し湿っていました。

すぐに彼女を押し倒してM字にしゃがんだような姿勢に脚を抱え上げると、パンティに顔を近づけました。

ブルーのナイロンパンティの表面には縦長に薄くシミが出来ていました。

『このパンティが覗かれた・写真に撮られた』と思うと堪らない興奮です。

パンティの上からスーハーしてスケベな匂いを堪能すると、そのままパンティの脇からビンビンのチンコを挿入して着衣のまま突きまくりました。

あまりの興奮に、ピストンしながら彼女にさっきの店で覗かれていたことを話すとビックリした彼女。

「恥ずかしい・・・」

と言いながら、彼女も興奮したのか凄い腰の使い様で締め付けてきて、思わず中出ししそうになり、チンコを引き抜くと大量の精子をパンティに射精してしまいました。


PAGE TOP