イク直前にアナルのGスポットを刺激して自ら激しくピストン【エッチな体験談】

自分の勤めている会社に現在5人のセフレがいる。

ニッチな物を製造しているメーカー(中小企業)に勤務しています。
国内に数か所工場がある。
自分の立場は製造のトップ。製造に係わる人事も権限があるので、
面接、採用の判断をしている。(全工場)
基本的にはパートさんの多い工場。

現在は本社工場に3人、地方の工場に1人づつ合計5人のセフレ。
仕事中にもするし、時間外の工場内でもするし、ホテルでもする。

俺は多分変態。
おそらく変態。
いや、確実に変態。

仕事中はいつもエロい事ばかり考えている。
今も中。PCの画面仕事の向こうには3人の女性事務員がいる。

みんなは一生懸命仕事しているのに、俺はエロい事ばかり考えている。

過去のエロい事を思い出しながら書き込んでみる。それで興奮する俺は変態だ。

本社工場のM子(名前の頭文字)の話を思い返そう。

M子は30代前半で既婚者子供1人。午前中のパート。 5年くらい続いているセフレだ。 勤務は6年くらい。そこそこのベテラン。
M子は資材や材料を準備したりする。その為、一日に何度か資材倉庫とかに行く。
俺は、その日はなんだか朝からムラムラしていた。(いつもかも) 「一発抜きたいな」と思っていた。

始業時に工場周り(日課)をしていたらM子が目にとまった。胸がHカップだから男なら目がとまるかも。
M子に抜いてもらう事に決定!

M子のいるライン長に「資材倉庫がちょっと汚いな・・・きちんと整理整頓を・・・」
みたいな事を伝えた。

ライン長は「すみません。後できちんと片づけます。」
俺「今スグやらないと。」
ライン長「始動したばかりで今ラインから自分が離れるわけには・・・」
俺「普段出入りしているのはM子(苗字で呼んでます。)だね。M子に指導しないと。」
俺「俺が指導するよ」
ライン長「分かりました、自分がM子のポジションに入ります。」

俺「先に倉庫に行ってるからM子と変わって、倉庫まで来させなさい。」
普段から直接いろんなパートさんに指導する事がある。

作業場を出て、一足先に資材倉庫に入った。急いで、ズボンとパンツを脱いで、下半身丸出しでM子を待った。
ちょっと奥めの棚の陰で。

M子が入ってきた。「もう!忙しいんだからなによ!」と言いながら。倉庫に入ってきた途端、上司と部下の関係ではなくなっている。

「どこにいるの?」と言いながらすぐ俺を探し当てた。
下半身丸出しの俺を見て「やっぱり。そんな事だと思った。」だって。

俺は何も言わないのに、すぐに俺の下半身にしゃがみ込んだ。俺の息子をやさしく触ってきた。

でも、いつもの感触と違う!!なんだと思って、M子の手を見るとニトリルグローブをしている。

作業中にする手袋だ。素手もいいが、これも感触がいい感じ!ニトリルグローブ他にも使い道発見。

先っぽをくわえながら、根元をしごいてくる。もう片方の手は玉袋を。たまに指を伸ばしてアナルも攻めてくる。
M子はうまい!感じさせるフェラと逝かせるフェラを使い分ける。

今は感じさせるフェラだ。次第に口の奥までふくませてバキュームロングストローク。両手は玉とアナル。
アナルにちょこっと指を入れてきた。ニトリルグローブ初体験。

ニトリルグローブはちょこっとすべりが悪いはずだが、M子の唾液で結構スルッと入ってきた。

M子のアナルを調教したのは俺だが、俺のアナルを調教したのもM子だ。
(いつかM子にアナルを調教された時の事を書く。)

感じさせるフェラに玉とアナルをいじくられ、イク手前の感覚で俺を感じさせてくれる?

たまに俺の顔お見上げ、俺が感じているのを確認すると嬉しそうな顔をする。
M子「気持ちいい?」
俺「うん」
M子「イキたい?」
俺「もうちょっと感じたい。」

M子は嬉しそう。いつもM子は疲れるだろうに、俺がイキたいって言うまでフェラしてくれる。

たまに、意地悪してイカせてくれない時もあるが。この日もそうだった。

あまり長いと、誰かが入ってくるかもしれないし、仕事中だからそろそろ行きたいなって言ってもイカせてくれなかった。

いつの間にかグローブも外していた。ちんぽの温もりを感じたいみたい。

いくらなんでも、終わらせないとまずいので、M子の頭をつかんで、腰を激しく振った。

M子もそれに合わせて、イカせるフェラに変更してくれた。すごいバキュームだ。
アナルにも深く指を入れてきた。

M子は俺のイクタイミングをよく知っている。

イク直前にアナルのGスポットを刺激して自ら激しくピストンしてくれた。

相当じらされたから、濃いのが大量に出た。と思う。完全に出し切るまで吸ってくれた。

そのあと、平然と飲み込んで、キレにお掃除フェラもしてくれた。持っていたタオルハンカチできれいに唾液を拭いてくれる。
俺のパンツにシミが付かないようにいつもしてくれる。
そのまま平然と職場に戻っていった。

我に返った俺・・・当初の目的・・・倉庫をきれいに・・・

結局そのあと、つじつま合わせのために自分が少しだけ掃除をするはめに・・・


PAGE TOP