学生最後の夏に全裸海水浴wみんなで青姦中出しした思い出【エッチな体験談】

こんにちは、神奈川県でOLしている23才のリカです。

昨年の夏に学生最後の海水浴に行った時のお話です!

私は同じ大学に彼氏がいたから、

彼氏も合わせた大学の友達と8人で海に行く事になりました。

男女は半々でした。

彼氏は「アツシ」って名前で、

アツシと私が付合っているのを知っているのは

一緒に行ったもう一組のカップルだけでした。

そしてそのもう一組のカップルの男の子の方に、

私はずっと告白されていました!

その男の子は「ユウジ」って言います。

でも、彼氏のアツシの方が好きだし、

ユウジは遊び人だから、

全然乗り換える事も考えていませんでした。
だから本当はちゃんと断れば良かったんだけど、

ユウジに好きって言われるのも楽しかったし、

何よりユウジの彼女のユミに対しての優越感が気持ち良かったんだと思います。

『あんたの彼氏はホントはあたしの方が好きなんだよ!』

なんて考えてしまっていて、かなり性格悪いですよね?(笑)

だからユウジには少し期待させる感じで

「あんたが女遊びしなくなったら考えちゃうかな?」

みたいな断り方をしてました!

当日2台の車で出掛けました。

海に着いたらすぐに水着に着替えて浜辺に行きました。

最初は彼氏と一緒にいました。

でも彼氏は2時間位すると「運転したから疲れた!」

って言って、日焼けしながら寝ちゃいました。

最初は近くにいたんだけど、つまらなくなっちゃったから、

浮き輪を持って海に入りました。

そしたらユウジ君がすぐ近寄ってきて

「一人でさみしーじゃん、俺も一緒にいていーい?」

なんて優しく聞いてきたから嬉しくなって一緒に遊んでいました。

私達が泳いでいたすぐ近くに、

大きな岩が海面から出ていて

小島みたいになっている所がいっぱい有りました。

ユウジ君は「あそこの岩まで行ってみよう!」

と言い出したから、私は彼氏が気になって浜辺を見ました。

そしたらさっきまで寝ていたのに、

私がいなくなったと思ったら両脇に一緒に来てた女の子を並べて

楽しそうに会話してたんです!

さっきは私が話し掛けても「ねみー」しか言わなかったのに!

私は怒って、「ユウジ君とイチャついてやる!」

って思って一緒に遠くの岩まで行きました。

浮き輪は一つだけだったから、

私が中に入ってユウジ君が後ろから押して進む感じでした。

私の水着はビキニタイプで、肩ヒモが無くて、

後ろで縛ってあるだけでした。

そしたら、私が一生懸命泳いでいるのをいいことに、

ユウジ君が後ろのヒモを解いちゃったんです!

ヒモが解けた事には気が付かなくて、

全部取られた瞬間に「きゃああ」って感じで気が付きました!

私は笑いながら「ちょっと、ユウジ!変態!返せ!(笑)」

って言ったんですけど、ユウジ君は水着に頬擦りしながら、

「うわー最高!コレ頂戴!家宝にするから!」と喜んでいました。

ユウジ君がセクハラするのは今日だけじゃ無くて、

いつも彼氏に見えない様にお尻を触ったり、

「昨日お前でオナニーしちゃった」

とか平気で言ってくるんです!

私は彼氏にもそうなんですけど、

私のエッチな姿を想像されたり、

私の下着で興奮されたりすると、すごく嬉しいです!

とくにエッチの時も、長い間されるより、

すぐにイッてもらった方が嬉しいです!

何故かと言うと「あたしの体が気持ちイイからイッてくれたんだ!」

って思うと嬉しいからです!

だからユウジ君が興奮してる姿を見てたら凄く嬉しくなりました!

最近は彼氏も馴れてきてリアクションが薄いからちょっと不満でしたしね!

でも、ユウジ君は水着を返してくれません!

「いいからいいから、こっちから見えないし誰もいねーじゃん!」

なんて言われて、私も渋々納得して、浮き輪に水着を巻き付けていました。

そしたらしばらくして、腰に感じていた水着の感触が無くなったんです!

またユウジ君が腰ヒモを両方解いちゃって、

私の股に挟んである状態になってたんです!

私はすぐに掴もうとしたんですけど、

「サッ」とユウジ君が後ろから抜き取っちゃって、

私全裸にされちゃったんです!

「コラッ、ユウジ!いい加減にしろ!(笑)」

と言っても返してくれなくて、

「いんだよ!学生最後の夏なんだから!開放的にいっちゃおう!」

なんて盛り上げて、また浮き輪に巻き付けていました。

幸い周りに人がいなかったのと、

海の中は濁っていて見えなかった

「まぁいっか!」っと思っちゃいました。

すると今度は、ユウジ君が「これなーんだ!?」って

私の目の前に布をぶら下げました。

何これ?って考えてると、さっきユウジ君が履いていた水着でした!

ユウジ君は自分の水着も脱いで、浮き輪に縛っていました。

「これでおあいこだな!」って笑っていました。

そしたら、急にユウジ君が潜った音がすると、

浮き輪の中に無理矢理入って来て、

私の後ろにぴったりくっ付きました。

もうビックリして「ユウジ!変態!出ろ!きついよ!(笑)」

と言ったんですけど聞いてません。

それどころか若干ハァハァ言ってました!

私はちょっとヤバい状況に気が付きました。

私は両腕を浮き輪にのせていたので、

両腕は海面から出ています。

でも、ユウジ君は顔と肩を浮き輪の中に入れただけで、

両手は私の腰に抱きついていました。

私はユウジ君から逃げようにも、浮き輪がきつくて動けませんし、

ユウジ君の手を振り解こうとしても、

浮き輪が邪魔で手が届きません!

つまり、ユウジ君が何をしても、

私は何も抵抗出来なくなっちゃったんです!

ユウジ君は超頭イイと思いました!

浮き輪一つで固定されてるだけなのに!

そしたらユウジ君がエッチな声で

「なあ、この状況ヤバくない?俺ら二人とも真っ裸だぜ!」

と言いながら耳を舐めてきました!

私は耳弱いから、ゾクゾク震えちゃいました!

私が感じてるのを気付かれると、

ユウジ君は浮き輪の下に飛び出してる私の乳首を摘みました。

私はおっぱいは大きく無いから、

乳首が感じやすいみたいで、すぐに固く立っちゃって、

それをユウジ君が優しく「チョンチョン」って感じで触られて体中鳥肌でした。

その後耳舐めされながら乳首攻撃で、もうダメです!

「あっ、ユウジ、ハァハァ、ダメ、ダメ、あっ、はぁあ」

って甘い声が出ちゃってました!

あんな広い海の真ん中で、二人とも真っ裸で抱き合って、

しかもお互いの彼氏彼女が一緒に来てるのに!!!

って思うとすっごい興奮しちゃいました!

ユウジ君もカッチカチになっていて、

お尻の割れ目に当たっていました。

ユウジ君はカッチカチのアレを私のお尻に押し付けながら、

乳首をコリコリしてきて、

私はすっごい興奮してハァハァ言いながらアエいでいました。

そしたらユウジ君が一生懸命顔を前に持ってこうようとしてるのが分かって、

私も後ろを振り返るみたいにして、

キスしちゃいました。

しかも超ディープなやつです!

もう唾液も舌もブチュブチュいっちゃってるみたいなエッチなキスです。

ちょっと彼氏の顔も浮かんだんですけど、

興奮しちゃって押さえられないです!

もうアソコは奥からドンドンオツユが出ちゃってます!

ユウジ君も急に無言になっちゃって、

ハァハァ息を荒くして、すっごいヤバいみたいでした。

そしてユウジ君に誘導されて、大きな岩に到着して、

私が岩に手を付けると、

ユウジ君は一度潜って浮き輪から出ました。

ユウジ君はハァハァしながら、

「早く上がって」と言って、私を急かす様に岩の上に乗せました。

下からはユウジ君が見ているから、

具が丸見えで恥ずかしかったけど、

ユウジ君が興奮しすぎで恐かったから文句言わないで上がりました。

その後にユウジ君もすぐに上がって来て、

浮き輪を近くに引っ掛けると、

私の両手を岩に突かせると、

バックみたいな格好にさせられて、

しかも片足をちょっと高い所に上げられたから、

アソコが良く見えるバックの体位をさせられました。

もう私は今すぐに入れて欲しくなって、

いっぱいオツユが垂れていたと思います。

そしたらユウジ君もやっぱり入れたいみたいで、

前戯もなしでイキなり入れて来ました。

二人で「うはっぁあぁああああ」って大きな声を出しちゃって、

すっごい気持ち良かったです!

私もヌルヌルになってたし、ユウジ君もカッチカチで、

彼氏より何倍も大きく固く感じました。

私は7回位動かされて、あっという間にイッてしまいました。

こんなの初めてです!

信じられない気持ち良さです!

いつもと全然違う所に当たるし、

いつもより奥まで入ってるし、いつもより固いし、

こんなお昼から変態みたいに外でやってるし!超気持ちイイです。

もう普通のセックスなんてできなーーーーーい!

って思っちゃいました!

ユウジ君はまだまだこれからだから、

私がイッても関係なくて、いっぱい動いていました。

最初は変な感じがしたんですけど、

もっと気持ち良くなっちゃいました。

そしたらユウジ君が、

「ごめんな、どうしてもヤリたくなっちゃったよ、ごめんな、エロすぎだよ、我慢出来なかったよ、アツシいるのにごめんな」

なんてすっごい優しい事言うんですよ!

なんか私凄い切なくなって来ちゃって、

ユウジ君が可哀想ってゆーか愛おしくなって

「あんっ、ああああ、いいよ、そんな事言わないで、ユウジ悪く無いよ、ああああん、あああ、ハァハァ、アツシなんか気にしないで、あああん、ああああ、すっごい気持ちいいよ、ユウジの気持ちいいよ、すっごいおっきいよ、あああ、あああああん」

なんて言っちゃいました。

そしたらユウジ君もっと興奮しちゃって

「マジで、嬉しいよ、俺もすげー気持ちいいよ、マジで気持ちいい、リカのマ○コマジで気持ちいいよ、ユミより全然気持ちいいよ、もうイキそうだよ、イイ?出してイイ?」

ユウジ君がすっごい気持ち良さそうだったから、私も興奮して

「いいよ、一緒にイク、もっとして、私もイク、気持ちいい、アツシより気持ちいい、あああああ、すっごい、イイ、ああああ、もっといっぱい、ああああああ、いやあああ、イク」

ユウジ君は我慢の限界みたいで

「あああああ、ヤバい出るよ、イクよ、もう出る」

でも私はもう少しでイケそうだったから

「ダメ、抜いちゃダメ、イキそうなの、ダメ、もっとして、イク、イク、ああああ、気持ちいい、あああああ、イクうううう」

ドックン、ドックン、ビュッ、ビュッ

ユウジ君が中に出したのが分りました。

でも、どうでもよかったです・・・

気持ち良過ぎて、

あそこで抜かれちゃうより中に出された方がイイ!

って思いました。

ユウジ君はブルブル体を震わせながら、

「リカ、ごめん、ああああ、出ちゃったよ中で」

と言いながらゆっくりアレを抜いて、岩に座りました。

私も痙攣する体のまま、隣に寄り添うみたいに座りました。

ユウジ君のアソコはまだ大きくて、

「ビクンッビクンッ」て動いていました。

改めて見ると彼氏より全然おっきいです。

私はユウジ君のを見てたら、愛おしく感じてきて、

勝手にしゃぶっちゃいました。

ユウジ君は「うわぁぁぁあ」

と気持ち良さそうな声をだしていました。

はじめはお掃除してあげるつもりでフェラしてたんですけど、

また固くなってきて、私も欲しくなってきちゃって、

勝手に股がっちゃいました。

騎乗位なんて、彼氏にもした事無いのに、

この時は自然にしちゃいました。

私が腰を動かすとユウジ君が気持ち良さそうな声を出すから、

嬉しくていっぱい動きました。

しばらくしたら、ユウジ君が私を抱えて立上がりました。

駅弁ですか?この格好ですっごい激しく下から入れられちゃいました。

すっごい気持ち良くて、すぐにイキそうになって、

「もうイク、またイッちゃうよ、イイ?イクよ、イク、あああああああ」

と叫んでイキました。

その時に丁度ユウジ君のアレが「ズボッ」と抜けちゃって、

同時に私の力も抜けちゃった時にアソコからいっぱいオシッ●が

「ブシュウッ」って噴き出しちゃって、

すっごい恥ずかしかったです!

ユウジ君は「リカ潮噴いたの?」って言ってたけど、

潮っていうのかな?すっごい量で、

オ●ッコが一気に出たみたいな量でした!

その後はまたバックになって、ユウジ君にいっぱい突いてもらいました!

3回ぐらいイッちゃいました。

やっぱ彼氏より、遊び人のユウジ君はエッチが上手いみたいです。

最後はユウジ君が

「ああああああ、リカ、イキそう、またイイ?中でもイイ?」

って聞いてきたから、もちろん

「うん、いいよ、いっぱい出して、初めてだよ、アツシも中に出してないよ、いいよ、ああああ、いいよ、あああああん、いっぱい頂戴、すっごいの頂戴、ああああ、イイ、すっごい、ああああああああ」

ユウジ君の精子をいっぱい感じました。

気が付くと結構時間が過ぎていたから、急いで戻りました。

浜辺に戻ると、意外と皆寝ていたりして、疑われる事無く帰れました。

その日はユウジ君とはほとんど話さないで帰りました。

でも、次の日ユウジ君が私の家に来て、

二人とも無言でむさぼる様にエッチしちゃいました。

やっぱりユウジ君はエッチが上手くて、

彼氏とも別れたく無かったけど、

ユウジ君のエッチも忘れられなくて、

しばらくセフレになって、いっぱいエッチしました。




2017年1月5日 学生最後の夏に全裸海水浴wみんなで青姦中出しした思い出【エッチな体験談】 はコメントを受け付けていません。 中出しでのエッチな話