入院中に人妻やOLお姉さんの痴女達と毎晩セックスしてました【エッチ体験談】

去年の夏に、1ヶ月半ぐらい足の骨折で入院しました。

その時は、17歳の高2でした。

6人部屋で、女性が3人入院していました。

1人が26歳のOL Fさんで、1人が33歳の人妻Uさん、

1人が39歳の人妻Oさんでした。

[adrotate group=”1″]

26歳の人があと1週間で退院、

2人があと10日ぐらいで退院ということでした。
 
この部屋の担当の看護婦さんは、

Dさん28歳、Eさん31歳の人妻看護婦さんです。

俺には31歳の看護婦さんが担当でした。

他に、20代の看護婦さんが何人かいました。
 
初日に、主任さんがきて、簡単なあいさつ程度でしたけど、

39歳にしては、若く綺麗な人でした。

芸能人でいえば、森口瑤子さん似だと思います。

同部屋の39歳の人が高校からの友人だと言っていました。
28歳の人が退院した日の昼に、主任さんが、俺のところにきました。

「A君もうなれたかな~」と話しかけてきて、

俺は「ええ、何とか…」

2人の患者さんは検査にいっていて2時間はいません。

今、主任さんと二人きりで、俺は超緊張しました。

主任さんが「どうしたの?」

俺「主任さんが綺麗なんで、ちょっと緊張しますよ~」

と言うと

「何言ってるの?おばさんをからかって・・・だめよ!!」

と言いました。

俺が、「トイレに…」と言うと、

「1週間は歩けないからね」

と言いながら、使便を持っていました。

俺は「あっ」と言いながら、恥ずかしくなりました。

主任さんが「大丈夫これも私達の仕事だから…」と言って、

俺のものをズボンから出しました。

主任さんは「Eさんに聞いてたけど、凄く大きいわね」

と言いながら俺の顔を見ました。

俺は恥ずかしくなったと同時に、勃起しちゃいました。

出し終わると、主任さんが、綺麗にタオルで拭いてくれるのですが、

それが気持ちよくて余計に大きくなりました。

主任さんが、「若いから、すぐ反応しちゃうわね。」

と言いながら俺の大きくなったものばかり見ていました。

次第に主任さんが、俺のを手で握り、上下にこ擦り始めました。

俺は「なにするんですか?」

主任さんは「いいの、入院してからしてないんでしょ?若い子の体は正直だから~」

と言いながら、俺のを扱き始めました。

「あら~先から何か出てるね~」

そう言われると、余計興奮しちゃって我慢汁が止まりません。

主任さんの手が速くなり、

俺は「あ~ぁぁ…」と言うと手の動きを止め、

「ダメ!!まだ逝っちゃダメよ!!」と言いながら、

俺の方を見ながら、咥えました。

そして、先を一気に吸いました。

我慢汁を一気に吸い、やらしい音でまた、大きくなりました。

俺の顔を見ると主任さんは、頭を上下に激しく動かしました。

すると、我慢できずにそのまま口に・・・

大量に放出しちゃいました。

俺は「すいません我慢できなくてつい…」

主任さんは「いいのよこんなに濃いの…久し振りだから…」

と言いながら、俺のを綺麗に舐めてくれました。

「あら~また大きくなっちゃって…ん~もう~しょうがないな~あと1回だけだよ」

と言いながらまた…

俺は別にお願いしたわけでもないのにね。

でも、主任さん凄く上手いから…

もうすぐ2人が検査から帰ってくるかもしれないから…

と言いながら、さっきよりも、さらに激しくて

俺は、5分で逝っちゃいました。

それから、カーテンを開けて主任さんは足早に出て行きました。

二人がすれ違いざまに帰ってきました。

入ってくるなりOさんが

「今、主任さんきたよね~何かあった?」

俺は「いや別に俺が病院生活慣れたか、見にきたようですよ」

というとOさんは半分は疑ってるような感じだったけど、

それ以上は聞いてきませんでした。

次の日、朝目をさますと、隣でOさんがEさんと何か話していました。

「Eさん、すいません小したいんですけど…いいですか?」

「いいわよA君の元気だもんね~びっくりするぐらい大きいし…」

と2人に聞こえるように言いました。俺は恥ずかしくて、

「勘弁してくださいよ~また冗談言って~」

でも2人は「Eさん本当は?」

Eさんは「う~ん20オーバーかな?」

Oさんが、「Eさん本当?」

Eさん「カリも凄~く張ってますよ~」

俺は「ちょっとウソ言わないでください!恥ずかしいじゃないじゃないですか?」

すると、Uさんが「Eさんの言う通りよ!A君の凄いわよっ…」

と声が聞こえたので、隣を向くと、UさんはEさんの横にいました。

Uさんが「Oさんもきたら~こんなの見たら自分からまたがっちゃうんじゃない?」

Oさんは「まじで~そんな凄いの?」

と言ってカーテンで閉め切っている俺のベットにきました。

俺はこんなの初めてだし、

3人に見下ろされて…次第に大きくなっていきました。

Oさんが、

「うわ~こんなんなんだ~Uさんの言うとおり私、すぐまたがっちゃうっ~」

と俺の見る目が完全に変わっていました。

何か気持ちいいなと思ってEさんの方をむくと、

Eさんが俺のを手で扱いていました。

俺が動けないのをいいことに…しかも2人の前で…

でも、気持ちとは逆に、完全に反り返っちゃいました。

3人は完全に俺の反り返った物に…釘づけになっていました。

それからは、Eさん、Oさん、Uさんと

交互にフェラで逝かされました。

Eさんが「ごめんねっ2人にばれちゃたね~」

と何か嬉しそうに言いました。

「あと、A君の大きいってナースステーションのみんな知ってるから…」

と言って出て行きました。

その夜から、毎晩ナース相手にSEX、

昼は、EさんOさんUさんのフェラ地獄です。

それから、3日ぐらいして主任さんが、

「A君、大丈夫なんかげっそりしてない?」

Oさんが、「入院してるせいじゃない?」

と他人事のように言いました。

俺は、「あんたらのせいだよ!!」

と心の中で何回も呟いていました。

主任さんが、「これからまた1人入院されるので、

皆さんよろしくお願いします」との事だった。

Oさんが、「女性の患者さん?」主任さんは、

「ええ、そうだけど…」

またOさんが、「A君、楽しみだね~」と意地悪そうに…

すると、患者さんが、「初めまして、よろしくお願いします。」

と1人、1人にあいさつをして、俺のところにきたとき、

「あら、A君じゃない」

俺は、「あっおばさん久しぶりですね。」

今度同室に入院してきたのは、

同級生のY君おばさん(43歳)だった。

Oさんは、「2人知り合いなんだ~」と言いながら、

目の奥では、何か企んでるような感じがしました。

俺は、「まさか?」と思ったけど気にしませんでした。

Oさんが、「私とUさん明後日、退院するんですよ~」

とYのおばさんに話していました。

おばさんは、「よかったじゃないですか?」と言うと

Oさんは、「それはどうかな~」と言ったけど、

おばさんは、「この人何言ってるのかしら?」というゆような感じで、

「そうなんですか?」と言う会話を聞いて、

「やっぱり、Oさん何か…」と思いました。

俺は、昼から寝ていて、夕方5時起きると、

俺の向かいにいる、Yのおばさんのところに、

Oさん、Uさんが楽しそうに話していました。



PAGE TOP