息子に後ろから犯されて【エッチ体験談】

季節は巡り、早や立春である。
とはいえ、春はまだ遠しという感じだ。
あたしは、夫に先立たれて一人になってからというもの、ウツを発症し、病院を転々とする毎日だった。
長かった更年期障害も終焉を見せ、却って心の空洞が大きくなったように思える。
もはや修復不可能なくらいに。
息子が二人いるのだけれど、未婚だが独り立ちしてくれている。
彼らの心配をしないでいいだけ、まだましなのだ。
あたしの住む公団住宅にほど近いワンルームマンションを借りて息子たちだけで一緒に暮らしていた。

「さびしいなぁ」
あたしは、万年床に入って、電気ストーブの火を見ながら、その奥に歪んで映る自身の顔を見ていた。
口を膨らましたり、ぽかんと開けたり、百面相しながらその変化を見ていた。
五十女の独り寝はこんなもんだ。

風が強いのか、電線を鳴らしている音が窓越しに聞こえる。
「もがり笛」って言うんだと、次男の彰人(あきと)が教えてくれたっけ。

彰人は、今、何してるだろう?
やさしい子で、なにくれとなく、世間におじけづいた母親を気遣って、面倒を見てくれた。
病院を紹介してくれたり、長男の勇人(ゆうと)と比べちゃいけないけれど、よくしてくれた。

勇人に言えない、彰人との秘密があたしたちにはあった。
「母子相姦」・・・

彰人がいけないのよ。
八方ふさがりに落ち込んでいたあたしに、あんなに優しくするから。
「オトンに、申し訳ない」なんていいながら、あたしを抱いた。
母親のあたしを。
おかしくなっていたあたしは、彰人を一人の男として見てしまっていた。
そして、今も。

あたしは枕元のケータイを取った。
そして彰人を「ワンキー」で呼び出した。
「あ、彰人?」すぐに出てくれた。日曜日だからね。
「オカン?どうしたん」
「今、ひま?」
「まぁね。どうしたんさ」
「来ない?これから」
あたしは、息子を誘っていた。
「これからぁ?いいけどぉ」
このごろ焦らすようになった。ずるい彰人。

十分ほどで、彰人は自転車でやってきた。
「さぶいなぁ」
スタジャンに両手を突っ込んで、ニット帽を被って入ってきた。
「お風呂にお湯入れてるし、入りいな」
「うん、そうするわ。オカンも一緒に」
いやらしく笑う彰人。
ほほに柔らかそうなしわが幾本か寄るのが、父親似だと思う。
「勇人は?」
「兄ちゃんは、潤子ちゃんのとこ」
「あの子ら、つきおうてんねんね」
「そらそやろ。いっつもなっがい電話してるわ」
「あんたは、いいひんのかいな」
「こんなビンボ人に彼女できるかいな」
真顔になった彰人。

先に彰人に風呂に入らせて、あたしは部屋を暖かくした。
バスルームのガラス越しに彰人の黒い体が見える。
あたしは、頃合を見計らって、髪をアップにして裸になりバスルームの扉を少し開けた。
「入るよぉ」
「おう。寒いし、オカンも温もり」
彰人は湯船に浸かっていた。
あたしは一応、タオルで陰部を隠して入った。
シャワーで念入りに、彰人にかわいがってもらうであろう陰裂を洗った。
息子に舐めさせるために陰部を手入れする鬼畜の母の姿。

「オカン、洗ったるわ」
後ろに立って、彰人がタオルに石鹸を塗り付けている。
優しく、背中、首筋、お尻と洗ってくれた。
なんとも微笑ましい孝行息子である。

ただ、ペニスはギンギンに勃起させていたところが違っているが。
母親の裸体に欲情する破廉恥息子である。

後ろから抱きかかえられるようにされ、硬いペニスがお尻に押し付けられる。
もうそれだけで、あたしはしびれそうになった。
亡き夫にもされたことのない痴態。
垂れかけたお乳を下から持ち上げられ、落とされる。
ぷりんと、震える肉。
今度は前に回られて、向かい合った。
そして、背の高い息子が上からあたしの唇を奪う。
「あ、はむ」
舌をからめ、歯が当たるような激しい口づけ。
どこでそんなことを覚えてくるのだろう?
ペニスはあたしのおへそをつつき、入りたそうにさまよっている。
あたしはその熱い棒を泡だらけの手で握ってやった。
「あうっ」彰人がうめく。
敏感な亀頭部をこすられたからだろうか。
硬いそれは、肉体の一部とは思えなかった。
握って、こする動きを早めた。
しなるように、ペニスが硬さをより増してきた。
「やばいよ。オカン」
「でちゃう?」
「ここで出したら、もったいないやろ」
「そやな。あたしの中で出してほしいな」
「やろ?もう出よ」

あたしと彰人はナマでするのが普通だった。
もう上がってしまったあたしは、コンドームの煩わしさを好まなかった。
彰人もそれは同じだろう。

煎餅蒲団の上で、彰人が大の字になる。
あたしに舐めろと言わんばかりに。
あたしは、お望み通りにその立ち上がった竿を先からゆっくり口をかぶせる。
毛を処理してくれているんで、鼻がくすぐったくない。
その代り、ちくちくするが。
竿を舐め、タマを口に含んだ。
ころりと口の中でころがす。
乳首もなめて差し上げる。
男の子は意外にも乳首が弱い。
脇腹、腋の下、内股を甘噛みして攻めると、身をよじって喜ぶ。
「オカン、おれが舐めたるわ」
待ってましたとばかりに、あたしも大の字に寝転がる。
彰人はおっぱいから順に、おへそ、陰毛を舐め、クリを舌先で転がす。
母親のクリを執拗に舐めまわす息子などいるのだろうか?
「ああん、いい。そこ、いい」
「オカン、べとべとに濡れてきたで」
「いやや。はずかし・・・」
「入れてええか」
「入れてぇ」
股を割って、彰人が先端を膣口に合わせる。
谷筋を亀頭でなぶって、愛液を馴染ませてからの突入だった。
「はふん」
ずぼーっと長い固体が入ってきた。
もう、何度目かの挿入。

屈曲位で、深く突き刺されたあたしは、でんぐりがえりそうだった。
夫にもここまで深く突かれたことはない。
じゅぼ、じゅぼ、じゅぼ
絶え間なく、粘液質の音が部屋に響く。
不意に、彰人があたしの口を吸ってきた。
「はむ」
にちゃ・・・
「あきとぉ」
「オ、オカン」
乳首が、指先でいじめられる。
あたしが教えたのだ。
そうすれば、膣が締ると。
「し、締ってる」
「彰人がいたずらするからやん」
「うあっ。いい。オカンのオメコ、ええわぁ」
ぎゅっ、ぎゅっと彰人を締め付けている自分がわかる。
「な、なあ、うしろから、してくれへん?」
あたしは、息子にねだっていた。
バックから突けと。
「ああ、ええで。後ろからやったるわ」
あたしは、さっと四つん這いになって、息子に尻を向けた。
なんと卑猥な母親なのだろう。
ズブリ・・・
彰人の太い男根が差し込まれた。
これでもかと、激しく突き上げる。
「うっ、うっ」
あたしは声を殺して、快感に酔った。
息子に後ろから犯されているという禁断のシチュエーションが理性を失わさせた。
「オカン、オカン、恭子、きょうこぉ~!」
あたしの名を呼んで、彰人は大量に精液をあたしの胎内に流し込んだ。

二人はしばらく動けないくらいに消耗した。

なおぼんの友達、恭子さんの話をもとに創作しました。
息子さんの彰人君、ハンサムですよ。
いいなぁ。恭子さん。


PAGE TOP