最後には「オチンポでイカせて」とオネダリまでされた【エッチ体験談】

大学時代からハマった麻雀。
社会人になってもやっぱりヤメられなかった。
金曜の夜から日曜の夜中まで、自宅と雀荘を行ったり来たり。
そこで50代のシゲさんというオッチャンと仲良くなった。
シゲさんは気前が良くて麻雀は下手クソ。
かなりお金持ちみたいで、いつもメシをゴチってくれたりしてくれた。
なぜだか俺が異様に気に入られてた。
シゲさんと麻雀をするようになって1年ぐらいした頃。
「お前って熟女嫌いか?」と尋ねてきた。
同じ卓で打ってたオヤジどもは「熟女イイよなぁ~」とニヤニヤしてた。
「熟女ってどのくらい?40代が限界じゃないっすかね」
23歳だった俺はそう答えた。
すると「今度40代の熟女と遊ばね~か」と誘われた。

何のメリットも感じなかった俺に、シゲさんは強烈な言葉を並べてきた。
「金持ちで美人で毎日ヤリたがるチンポ好きな淫乱女」だとか。
そんな事言われたらどんな女か会ってみたくなる。
平日は無理だからというと、来週の土曜飲みに行こうと言われた。

約束の土曜日、雀荘で待ち合わせて20時に約束の店へ連れて行かれた。
シゲさん馴染みの店らしく、馴れた感じで奥の座敷に案内された。
「よぉ~!若いの連れてきたぜぇ~」
襖を開けるなりそういうシゲさんの後ろから顔を出すと、おやおや…と感心するほどの美人な女性が2人座ってた。

瞬間的にシゲさんに騙された!って思った。
だって超ドスケベ熟女って言われて興味津々で来たのに、座ってる女性達は品が良くて綺麗な美魔女だったから。
確かにお金持ってそうな服装だったが、想像とはまるで違う人種だった。

ショートカットが似合うマナミさんは41歳。
子供が2人いて黙ってると話しかけ難い雰囲気のクールビューティー。
綺麗な長い髪のユリさんは43歳。
子供は1人で目がパッチリと大きくて可愛らしさが残る大人の美人。
どう見てもどう考えてもシゲさんが言ってた女性達には見えなかった。
でもそれは間違いだった。

先に飲み始めてた熟女達は少し酔ってた。
乾杯してからすぐにシゲさんが驚く内容の質問を2人にし出して驚いた。
「今週旦那とやったか?」
さも当たり前のような、元気だった?という感じの口調。
俺は2人の熟女が怒ると思った。
でも2人は笑いながら「してないわよぉ~。」と答える。
「チンポ大好きなのにな。」すかさずシゲさんが卑猥な事を口にしてた。
「んもぉ~やめてよぉ~」2人は俺を見ながら笑ってた。

マナミさんの旦那は年上で50代。
ほとんどセックスレスで、したとしてもすぐ中折れするらしい。
ユリさんの旦那は同じ年齢だからか、今でも週に1回は求めてくる。
でも超がつくほどの早漏なので、挿れたらあっという間に終了。
そんな性生活を「困っちゃうわよねぇ~」とニコヤカに喋ってる熟女。
見た目に圧倒されてた俺は、会話でも圧倒されちゃってた。

そこで3時間、美味しい料理とお酒をご馳走になった。
全てシゲさんの奢りらしい。
帰る時、靴を履いたりしてる仕草に俺はムラムラしまくり。
形の良い艶かしいお尻を俺に見せつけるような姿勢をする熟女達。
それをシゲさんが笑いながら指差して、触れ触れとそそのかしてくる。
さすがに触れなかったが、クネるお尻に少し勃起した。

店を出ると俺は雀荘へ。
シゲさんは酔ったから帰ると言って熟女達と消えていった。
そして月曜日のお昼休み、シゲさんから電話がかかってきた。
「二人ともお前の事気に入ったみたいでさ」
熟女とはいえあんな美人に気に入られて悪い気はしない。
また今度どう?と誘われ、また土曜の夜に会う約束になった。
夜と言っても今度は17時半待ち合わせ。

急遽土曜日に仕事が入った俺は、慌てて仕事を終わらせて前回の店へ向かった。
20分ほど遅れて行くと、既に3人は飲み始めてた。
もう既に3人は前回と同じようにエロトーク真っ盛り。
俺が到着するとターゲットが俺になり、過去の女とのセックス話の質問攻めに。
さほど経験が無い俺は、ありきたりの経験談を喋った。
それに飽きたのかシゲさんは、熟女達の淫乱過ぎる話を口にし出した。

まずマナミさん。
自他共認めるフェラ好きらしい。
しゃぶってるだけで感情が昂ぶり過ぎちゃって、アソコはトロトロに濡れる。
だから前戯なんていらなくて、しかもその方が逆に興奮するとか。
ただし難点もあって、フェラ好きだから歴代の男達はフェラだけで撃沈する。
なのでいつもマナミさんだけが欲求不満に陥るジレンマ。

次にユリさん。
自分じゃ分からないらしいが、驚きのミミズ千匹という名器の持ち主。
膣の中にヒダヒダがたくさんあり、歴代の男達は10分も耐え切れなかったとか。
超早漏の旦那は1分も腰を振れずに撃沈する。
なのでこれまた欲求不満ばかりなんだとか。

2人して欲求不満という言葉を躊躇せず口にしてた。
それだけでも驚いてたが、度肝を抜かれたのはシゲさんだった。

「だから俺が満足させてやってるだろ!普通はあれで満足するぞ」
えっ?何言っちゃってんの?!と関係ない俺が焦った。
俺が?シゲさんが?2人を満足?何言っちゃってんの?
熟女達とシゲさんを交互に見る俺に、熟女達はクスクス笑ってた。

衝撃的な話をその後シゲさんから聞かされた。
なんとこの2人はシゲさんのセフレだという。
「いやいやいやぁ~~~。」もう笑うしか無かった。
「ホントだぞ?この前の土曜だって2人の相手してやったんだから、な!?」
熟女に話を振るシゲさんに熟女達も「そうそう。」と笑って頷いてた。

2人がセフレだというのはマジだった。
しかも3人の関係はもうかれこれ5年以上になるらしい。
「マナミの下の子なんて俺の子かもしれないんだぞ!。」
「ホントあの時は焦ったわよね。でも違うわよ?血液型違うんだから」
「分からんぞ。もしかしたら血液型間違えてるかもしれないしな。」
「似てないし絶対違うってば。」

こんな会話をする2人を見て俺はキョトンとしてたらしい。
だってこんなにも上品で美人な人妻が、想像を絶する話を展開してるんだから。
「太郎君(俺の名前)驚いちゃって目丸くしてるわよ。」
ユリさんにツッコまれ、俺は思わず苦笑い。
そんなユリさんですら、シゲさんにいろいろ暴露されて凄かった。

2時間ほど飲んだ頃、なぜか俺のチンポコ話に突入。
まずサイズやら硬さ、持続力の話題へ。
「太さには自信ないけど、長さは平均以上っすよ。」
「ホントにぃ?見せて!見せて!。」
「いやいや。」
「良いじゃない!ちょっと見せてよぉ~」
「良いじゃんか、見せてやれよ、この淫乱女達に」

シゲさんと熟女達に乗せられ、なぜかその場でフニャチンを披露するハメになった。
個室だから周りの目は気にならなかったが、それにしても熟女達の食付きが凄い。
俺の目の前に寄ってきて、膝立ちしてチンポコが出てくるのを待ってるんです。
なのでポロンと出してやると2人は大騒ぎでした。
シゲさんまで「お前デケーな!」とデカい声。

「ちょっと何これぇ~!超ヤバいよねぇ?」
「ヤバいヤバい。」
「もうイイっすか?。」
「ダメェ~。おっきくしてよ」
「無理っすよ。もう勘弁して下さいよ」
「ちょっとぉ~~まだダメって言ってるでしょ!。」

熟女のパワーに負けそうになりつつチンポコを中に入れた。
不満そうな熟女達をニコヤカに見てたシゲさんが「店変えようか」と提案してきた。
俺はこの後雀荘へと思ってたが、3人に飲み込まれちゃいました。
店を出ると4人でタクシーに乗った。

到着したのは高級そうなマンションの前。
隠れ家的な店があるかと思いきや、そこにはシゲさんの隠れ家があるという。
重厚な作りのエントランス、エレベーターに乗る前にもオートロックの扉。
31階で降りるとそこまマンションというよりはホテルのようだった。

広すぎるエレベーターホールの理由を聞くと、窓際にソファーがあって本や雑誌が置いてあり、住人が自由に使えるエリアになってると言われた。
綺麗な夜景を見ながらリラックスできる場所…らしい。
普段は俺が立ち入る事の許されないであろうエリアに思えた。
部屋も凄かった。
20畳ぐらいあるリビングからは綺羅びやかな夜景が丸見え。
ベランダではなくバルコニーになっていて、テーブルとか椅子も置いてある。
その時は分からなかったが、リビング以外に2部屋あった。
寝室として使ってる部屋は15畳ぐらい。
デカ過ぎるベッドがド真ん中にある異様な寝室だった。

そんな豪華な部屋でソファーに座り、シゲさんが出してきたワインで乾杯。
勝手知ったる我が家みたいな感じで、熟女達がオツマミを用意してくれた。
ずっと下ネタトークが繰り広げられてた1時間後、想像してなかった急展開を迎えた。
リビングを出て玄関に近い場所にあるトイレに行った時の事。
用を済ませて扉を開けると、そこのマナミさんが待ち構えてた。
「あれ?」と言った瞬間、抱き着かれてそのままキスをされた。
そしてその勢いでまたトイレへ押し込まれた。

焦る俺とは違ってマナミさんは狂ったようにキスをしてきた。
それがもう凄いキスで、唇を食われるんじゃないかってぐらいの激しさ。
唇全体も歯茎もベロベロ舐め回されるし。
ぶっちゃけこんなに激しい積極的なキスをされたのは人生で初でした。
トイレが普通よりも広かったので、壁に押し付けられつつ体を弄られた。

「もうおっきくなってる」
ンフッと嬉しそうな声でそう言いながら股間を触ってきた。
「んあぁ~ん」と見た目からは想像できないやらしい声を出しながら舌を入れてくるマナミさんは、勝手にジッパーの中に手を入れてきた。
勃起した息子をやらしい手つきで触ってくる。
もうこれだけでイクんじゃないかと思うぐらい気持ちが良い。

ここまででも信じられなかったが、さらに凄すぎる事に発展した。
唇を貪られた後、エロい顔をして1~2秒見つめられ、そのまま床にしゃがんで行き、開いたジッパーの奥からチンポコを引っ張り出されたんです。
既に勃起してたからトランクスに引っ掛かったりしてたが、外に出た直後マナミさんは「あぁ~ん」と甘えた声を出しながら亀頭を舐めてきた。
お預けをくらってた犬のよう。
「はぁ~ん」「んふぅ~ん」とか言いながら亀頭を味わうように舐めてくる。

にしてもですよ、俺は朝から仕事してたわけです。
シャワーなんて夜から浴びてないし、何度も放尿もしてるんです。
だから確実に臭うはず。
興奮しすぎてそれを忘れてたが、舐められてる時に思い出して焦った。
「洗ってないんで…」
そう言いながら腰を引くと、なんとマナミさんが驚きの返事を返してきた。
「ううん、イイの。美味しいから。」
嘘だろと思いつつ言われるがまま成されるがまま。

事前に聞いてはいたが、マナミさんのフェラチオは本当に極上だった。
「早くイキたい!」って思っちゃうような全身がゾクゾクしてくるようなフェラ。
舌使いだけじゃなくてしゃぶり上げる吸引力と手コキが絶妙過ぎる。
多分ピンサロで働いたら超売れっ子になるでしょうね。
美人だし。
まぁ働くことはないでしょうけどね。

初めてフェラで下半身の力が抜けていく感じを味わった。
ホント嬉しそうに楽しそうにしゃぶってるんです。
俺は何かしなきゃいけないんじゃないかと思うわけです。
だから胸元から手を入れてオッパイを揉んでみました。
手頃な大きさの柔らかいオッパイの先には、コリコリに硬くなった乳首があった。
その乳首が今まで経験してきた子達とは比べ物にならないほど長い。
余裕で摘めるぐらいで、しかも摘むとしゃぶりながら声が出るほど敏感。
感じ始めるとしゃぶり方のピッチが上がるみたいで下半身はマジでブルブル震えてた。

ふと思ったんです。
俺、ひと様の家で、しかもトイレで、こんな事しちゃってて良いものなのかと。
だからマナミさんに尋ねたんです。
すると「大丈夫よ。あっち行きたい?」と言われた。
どういう意味か分からず、とりあえず行ってみると答えてフェラはそこで終了。
手を引かれてリビングへ戻ると、シゲさんもユリさんもいない。
その代わり隣の部屋からとんでもない喘ぎ声が聞こえてきてた。

えっ?と思ってマナミさんを見やると、笑いながら「もう始まってるみたい。」と。
嘘だろ・・・と思いつつ、マナミさんが開けた扉から中をうかがった。
もう心臓が飛び出そうだった。
なんとド真ん中にあるベッドの上で、洋服は着てたけどスカートを捲りあげた四つん這いのユリさんがいたんです。
しかもアソコにはバイブが入ってて、それをシゲさんが出し入れしてる状況。

俺達に気が付いたシゲさんが「あれ?もう終り?」と何事もない顔で言ってきた。
「違うの。こっちが気になるって言うから連れて来たの」
マナミさんは笑いながらそう答え、その後シゲさんと二言三言会話してた。
その間もバイブを動かしてるから、ユリさんは喘ぎまくりだった。
あのおっとり系の可愛らしいユリさんが、おまんこ丸出しで何してんだろう。
不思議な感覚に襲われてると、マナミさんがまたしゃがんでチンポコを触ってきた。

人生で初めて、他の人達がいる前でのチンポコ露出。
シゲさんは時々チラチラ見てるだけで、ユリさんはこっちを見る余裕も無し。
この状況下に俺は信じられないほど興奮してた。
マナミさんはトイレの時と同じようにしゃがんでフェラチオを開始。
俺はしゃぶってるマナミさんを見下ろしたり、四つん這いでおまんこにバイブを挿入されてるユリさんを見ながらフェラを堪能してた。

しばらくしゃぶられた後、シゲさんが不意に喋り掛けてきた。
「まだイク気配ないの?」
それにマナミさんが嬉しそうな声で「ないない。」と返事。
「今夜は楽しめるんじゃね~かぁ~?。」
「超ヤバいかもぉ~~。」
まるで俺は道具か何かのような、そんな錯覚に陥ってた。
でも本当に最高の夜だった。

「こっちこいよ」とシゲさんに言われて俺もベッドへ。
マナミさんに寝るよう促されて横になると、なんとユリさんまでも参戦してきた。
シゲさんは後ろに回って2人のおまんこにバイブを挿れて遊んでる。
俺は…こんな事が許されるのかと頭が変になりそうだった。

マナミさんとユリさんが俺のチンポコに群がってる光景。
2人で同時に舐めてきて、まるでAVみたいなノリだった。
どちからが亀頭を咥えてれば、片方は竿をレロレロ舐めてたりする。
ディープスロートしてる時は玉袋をしゃぶってる。
想像を超える興奮に俺は興奮しすぎてた。
だからチンポコは驚くほどパンパンに膨れ上がってた。

笑えるんだけど、熟女2人はジャンケンをし始めた。
そして勝ったユリさんがまずは俺を味見する。
俺は寝たままだったので、マナミさんがチンポコを直角にたたせて、コンドームもしてないのにユリさんが跨ってきた。
今の今までバイブを咥え込んでたおまんこ。
聞いていたミミズ千匹を体感した。

ホントにビックリの感触だった。
ヒダヒダをここまで感じられるとは思ってなかった。
というか信じられないほど気持ち良すぎる。
ヒダヒダ1つ1つが絡みついてくるような、それが次々に襲い掛かってくるような。
ゆっくりと味わうかのように出し入れを勝手に始めるユリさんも、顔を歪ませて呻くような声を出しながら悶えてた。

やべぇ~気持ち良すぎるぅ~と思っていると、マナミさんがキスをしてきた。
俺も必死に舌を絡めていると、急にマナミさんが喘ぎ始める。
チラっと見てみると、シゲさんがマナミさんにバイブを入れてた。
なんつー状況だよ…とパニクリながらも、チンポコはカチカチに勃起してる。
途中でユリさんが激しく腰を振り出し、叫ぶように急な絶頂を迎えてた。
それにシゲさんが「もうイッたのかよ。」とツッコミ。
「だって…だって‥凄いんだもん。」と荒々しい息遣いで返事してた。

1回交換なのか、ユリさんは腰を浮かせてチンポコを抜くと、自分のマン汁でベチョベチョになったチンポコを舌で綺麗に舐めてた。
それが終わるとマナミさんが同じように跨ってきて騎乗位を開始。
ユリさんは俺の乳首とか上半身を舐めまくりで、シゲさんはそんなユリさんにバイブ攻撃をしてた。

いつの間にかキャミソール姿になってたマナミさんは、初っ端からデカい喘ぎ声をあげながら腰を振りまくりだった。
数分後「もうだめっ!!!もうイッちゃうぅぅーーっっ!!」とこれまた大絶叫。
イッた後は体をビクビク痙攣までさせちゃって、凄すぎるイキっぷりだった。

ここから怒涛の乱交が始まった。
復活したユリさんを相手にシゲさんがセックスを開始。
シゲさんのチンポコがまた立派で、グロいほど黒光りしてた。
四つん這いにさせられたユリさんを後ろからガツガツ犯してるんです。
狂わんばかりの悲鳴をあげるユリさんを見て少々気後れしてた。
そこにマナミさんが復活。

正常位で挿入すると下から抱き付いてきてキスのオネダリ。
キスに夢中になって腰を振るのを忘れていると、マナミさんが腰をクネらせてくる。
子宮口のコリコリが亀頭に当たってこれがまた気持ちよかった。

しばらく正常位で楽しんでるとシゲさんが「交代するか」と声を掛けてきた。
だから今度はユリさんと正常位。
マナミさんとは違った名器の気持ち良さをじっくり味わえた。
本気で激しく出し入れしたら、マジで分殺されそうな気持ち良さだった。
だから途中でゆっくり挿れたり、奥まで挿入して膣内の絶妙な動きを楽しんだ。
このハードとスローのセックスにマナミさんは大興奮。
最後には「オチンポでイカせて」とオネダリまでされた。

隣でユリさんが何度も何度も大絶叫の中イキまくってた。
でもシゲさんはもう体力的な限界なのか、聞こえるぐらいゼェーゼェー息をしてた。
もう年齢が年齢だしな…と思っていると、不意にマナミさんがフェラチオしてきた。
俺がまだイッてない事を思い出した。
だからしゃぶられるとスグに硬くなる。

そうこうしてる内にシゲさんが呻き声を出しながら口内射精してた。
笑えたのは射精した後のシゲさんの老けっぷり。
もう全身の力が抜け落ちた病気の人間みたいになってた。

「ちょっと休憩してくる」
シゲさんはそう言って寝室から出て行った。
扉が閉まると急にユリさんが俺たちの方に這い寄ってきた。
そしてまた二人によるフェラチオが始まった。
ここからはもうまさに俺が2人の熟女に貪り食われるような時間が始まった。

騎乗位で勝手に腰を振ってるし、もう一人は上半身を舐めまくってる。
夢に見た2人四つん這いにさせて並ばせた状態での代わる代わるのバックも堪能。
片方には指を入れてたが左手の時はキツかった。

マナミさんに挿れては今度はユリさんに。
ネチョネチョの汁まみれのチンポコをしゃぶらせたりして、夢の宴は2時間以上。
最後の射精はなんと中出し。
名器のユリさんがピルを飲んでるから「中に出して」と懇願された。
だから思いっきり正常位で中にたっぷりと射精させてもらった。

俺が射精してる最中、マナミさんはねっとりと舌を絡めるキスをしてきてた。
そして射精し終わると、精子と汁まみれのチンポコをマナミさんがお掃除フェラ。
中に出されたユリさんはティッシュでおまんこを押さえてた。
しらばく3人並んでグッタリして横になってた。
ふと気が付くとリビングの方から大きなイビキが聞こえてきてた。
「シゲさん寝ちゃったのかな。」
そう尋ねると「いつも終わると寝ちゃうの。」とユリさん。
もう年齢的に辛いんだろうな。

3人で寝ながら俺が呼ばれた理由を聞かされた。
基本的にシゲさん1人じゃ二人の相手は本当に厳しい。
だけど新しい男を見つけるのも面倒だし大変。
そこでシゲさんが雀荘で仲良くしてる若い男がいると言い出す。
どんな男か見るだけ見ようと俺を誘い出したらしい。
今日は俺とヤル気満々だったらしく、飲みながらも濡れてたって言ってた。

なんとこの日、30分ほどの休憩をした後、2ラウンド目が始まった。
二人とも何度もイキまくってたくせにまだ元気で、やっぱり俺は圧倒された。
でもまだ俺も若いからチンポコはカチカチ。
それを悦ぶ熟女は代わる代わる俺の上に跨ってきてた。

そして最後は今度はフェラ好きなマナミさんへ口内射精。
マナミさんは当然の事のように精子を飲み干し、その直後にはユリさんにもしゃぶられ、「もっとするぅ?」なんて言われてた。
さすがにそれは無理だと断ったが。

シゲさんを起こしてタクシーで帰宅した。
まずシゲさんを送り、その後ユリさん、マナミさんの順。
シゲさんがいなくなると後部座席で2人はずっと俺のチンポコを触ってた。
マナミさんだけになると大胆にもジッパーの中に手を入れて触ってきてた。

熟女2人の連絡先は聞けない雰囲気だった。
あとになってその話をしたら、シゲさんが個別に連絡をしあったらダメって事前に取り決めをしてたらしい。
まぁ~俺みたいな若い男はいつでも調達できるだろうしね。
シゲさんみたいな男は簡単には見つからないだろうから当たり前かな。

毎回の事なんだけど、シゲさんは1回射精するとソファーで爆睡する。
だから2ラウンド目は熟女2人との濃厚な3Pが恒例だった。
初めてフェラされながらアナル舐めまでされた。
2人は俺を気持ち良くさせようと毎回頑張ってくれてた。
まぁ~それに応えるべく挿れたら俺が頑張ってたんですけどね。
もうこの宴は毎週末行われてた。

性欲はそこで満たされてた俺は、7ヶ月間夢のような性生活を満喫してた。
だけどある日から急にシゲさんと連絡が取れなくなったんです。
1週間ちょっとしてシゲさんの奥さんだという女性からの留守電が入ってた。
脳梗塞で倒れたらしく、麻痺も凄くて喋るのも困難な状態だと言ってた。
凄い世話になってたからお見舞いに行ったが、それはもう痛々しい姿だった。
ひとりで起き上がる事すらままならないんだもんねぇ。

実は見舞いに行って熟女達の連絡先を聞き出そうと思ってたんです。
でもあんな姿見たら聞けなくて。
入院は2週間ちょっとで、他のリハビリ病院へと移っていった。
これが新幹線で行くような他県でして、俺は見舞いにさえ行けなかった。

「元気になったら電話下さい」
奥さんにそう伝えておいたが、そのままシゲさんからの連絡は無かった。
リハビリ病院へ入って半年ぐらいした頃、電話はもう解約済みだった。

あれから1年半。
いまだにシゲさんからの連絡はない。
もちろんあの超ドスケベで性欲の塊のような熟女人妻からも無い。
本当にまるで夢だったような7ヶ月だった。


PAGE TOP