とても綺麗な友達の彼女が肛門に軟膏を塗られてる姿を目撃【エロ体験談】

もう10年位前ですが、私の友人の彼女が胃腸を悪くして入院しました。

とても綺麗な子で、皆の羨望の的の子でした。

私が個室に訪ねて雑談などしていると、中年の看護婦さんが入って来ました。

そして彼女にいきなり

「お通じありましたか?」

と聞くのです。

彼女はもじもじして答えられずにいると、看護婦さんは意地悪そうに

「今日は沢山出たでしょ」

と言って

「お尻のかぶれも治ってきたかしら」

と彼女をうつ伏せにすると、いきなりパジャマをずり下げてお尻を丸出しにしちゃったのです。

そしてなんと、こう言ったのです

「彼氏なら見られても恥ずかしくないわよね」

彼女はなぜか何も言わず、じっとしていました。

看護婦さんは「じゃ」と言って、彼女のお尻の山をぐっと開き、肛門を剥き出しにして

「ほら、綺麗になってきた」

と言い、

「お薬塗りましょうね。いつものようにして」

と、お腹の方に手を入れ、ぐっと持ち上げました。

彼女は素直に四つん這いになり少し足を開き、じっとしていました。

看護婦さんはチューブから軟膏を指につけ、肛門の周りにぎゅうぎゅうと刷り込みながら、

「ほんとは彼氏に塗ってもらいたいねー」

とか冗談を平気で言っていました。

私はハッキリ言って勃起しっぱなしで、もう爆発しそうでしたが、看護婦さんは嬉しそうにしつこく冗談を言いながらずっと、彼女を触診したりしていましたが、軟膏を付けた指をゆっくり肛門へ入れて、

「中にも塗っとこうね」

と言った瞬間、彼女が大きく溜め息を漏らしたら

「気持ちいいだろ?」

と言って、なんともう片方の手で彼女の性器をぐっと開いたのです。

それはまるで私に見せ付けるように、そしてこう言いました

「退院したら彼氏にたくさんしてもらいよ」

と。

すると彼女は小さな声で「はい」と答えたのです。

彼女の性器から白っぽい液体が少し出ていたのを覚えています。

看護婦さんが出ていった後、彼女が

「ごめんなさい、逆らうと凄く怖いの」

と言ったのがなんとなく日々の情景を物語っていました。

多分、美人への嫉妬から来るイジメを受けていたのだと思います。

私には一生忘れられない光景でした。


PAGE TOP