円を描きながら乳首のほうへ…【エロ体験談】

既にやることはやっていた友達(今は付き合っている)が
実家のマンションに遊びに来た。

当然家族は法事で出かけていて家には二人きり。

飯も食い終わり、さあ寝るかということで
俺が先にシャワーを浴びて部屋に戻るとその子がいない。

おかしいなぁと思っていると弟の部屋から物音が…

そーっとドアを開けてみると、
タンスを開けて弟のパンツを物色したり匂いをかいだりしていた。

俺が声をかけると「いや、ちょ、これは!etc」とテンパっているので、
俺の部屋に連れ戻し詰問すると、

「○○クン(俺)の弟は前から可愛いと思っていた。」
「興味が沸いて我慢できなくなった。」
「でも大好きなのは○○クンだけだから。」
と言うのだが、とりあえず罰として目隠し、
後手に縛り、足も縛ってベッドへ寝せた。

5分くらい眺めていると、
「ど、どうしたの…」「ねぇ…」とモジモジしだした。
そこで俺は指で口の周りをなぞり、
そのまま耳やうなじをフェザータッチで撫で回した。

ハァハァ…と吐息が荒くなってきたので、
指を口に入れてゆっくりをかき回し、
存分にしゃぶらせ、その指を首、鎖骨、胸へと移動させた。

そして円を描きながら乳首のほうへ… 乳首はもうビンビンになっている。

息を吹きかけ、しばらく指でこりこりと手のひらでスリスリと感覚を楽しむ。

あばら、ヘソ、陰毛を触りながら内股へ指を滑らせると、身をよじって悶えだす。

それでも肝心なところには触れず執拗に
陰毛、内股、脚の付け根を撫でていると、透明な液体が溢れているのが目に入る。

「はぁはぁ… もう…」
「もう何だ?」
「だめ… もう我慢できないよ…」
「何が我慢できないんだ?」
「あっ! ハァハァ意地悪しないで!」
「まだまだ!お仕置きだからな!」

帰宅早々飯も食わずに布団に潜りこんだら
どっかの高原で象に鼻でちんこ吸い上げられながら
アリクイに舌でケツの中チロチロされる夢で夢精した。
いまだかつてないくらいに死にたい。


PAGE TOP