前後の穴から二人の体液が・・【エッチ体験】

お正月に実家に帰った時の話です。
姉夫婦の変わりに甥のりょう君の塾に迎えに行ったときのことでした。
りょうくんはC3で受験生です。9時くらいまで塾でお勉強していました。
車に乗せて帰ろうと思っていたら、りょう君に犯されちゃいました。
車を川原まで移動してフェラをしました。
童貞のおチンチンを口に入れて飴を舐めるようにペロペロしました。
根元まで咥えてあげると逝っちゃいました。
口の中に沢山出されて飲みました。
上半身裸にされておっぱいを揉みながらDキスしました。
舌が口の中に入ってきて、私の舌を舐めてきました。
受験勉強で疲れてるようなので私のおまんこで癒してあげました。
車のシートを倒してズボンを下ろされパンツも脱がされて足を広げておおおおおおおおおおおまんこを舐めてもらいました。

「はじめてみた女の人のおまんこ!」
「感想はどう?」
「すげぇ、舐めていい?」
「良いよ、好きにしていいよ」
指を入れたり、舐めたり10分くらいおまんこで遊んでいました。
すでにビチョビチョです。

こっちが我慢できなくなって来たので、おまんこをりょうくんのおチンチンに擦りくけて誘いました。
そしたら正上位で入れてくれましたもちろんゴムなんて持ってません、生で挿入れました。
結構大きかったし童貞の可愛いおチンチンに興奮しました。
最初はゆっくり動いていました。
それでも今にも逝きそうな顔をしていました。

「ごめんゆみさん、ゆっくりじゃないとすぐ逝っちゃうから」
「いいの、ゆっくりでもりょう君が私の中に入ってくれてるから」
「あぁ・・・気持ちいい、これじゃすぐに逝っちゃう」
「いいよ逝っても」
そして私はりょう君のおチンチンが入ってるおまんこをきつく締めてりょう君をいじめます。
その度に動くのをやめてしまいますが、可愛いです。

「あぁダメ出ちゃう、どこに出して欲しい?」
「好きなとこに出して良いよ、りょう君の好きなとこに」
「ああぁ・・・中に出すよ・・・あぁぁぁぁ」
「あぁ!・・・出てる暖か~い」
「あぁ・・・すげ・・・あぁ」
「まだ出る・・・すご~い」

抜いて出てくるのを待っていましたがなかなか出てきません、指で出すことにしました。
するとゼリーみたいな精液が出てきました。
二人で驚いていました。

1回じゃ満足しないりょう君のおちんちんがまた私を襲ってきました。
「入れていい・・・?」
「好きにして良いって言ったでしょ?
 今度はバック?それとも騎乗位?私はバックでして欲しいんだけど」
「じゃあ入れるよ?」
「いいよ、早くね」
と言いお尻を突き出しました。
そしてりょう君のおチンチンがアナル入って来ようとしたので驚き。

「そこ!お尻の穴だよ?!」
と言うと
「うん、知ってる。好きにして良いんでしょ?ゆみさんも普通じゃ物足りないでしょ?」
と言われて返す言葉がありませんでした。
アナルは初めてで、ちょっと怖かった。

「力抜いて、入れない」
「でも・・・お尻し・・・あぁ・・・あぁ」
「力抜いて・・・あぁ」
まず頭だけ入りました。
その時点で私は汗だくになっていました。
確かに気持ちいい(?)です。

でもお尻です、お尻に入れるなんて。
「あぁ~・・・全部入っった。すげ~キツイよ」
「いやぁ~・・・抜いてお尻・・・恥ずかしいよ」
「おまんこより締め付けてくる、これからこっちが良いな」
「え~ヤダ、時々にして」
「まぁおまんこも気持ちいいし時々ねでもこれは毎日やってもいいよ」
なんて会話していたら、いきなりお尻の中のおチンチンが動き始めました。

「えっ!あぁぁぁぁ・・・いやっ・・・だめぇ・・・あぁっ」
「ゆみさん・・・締め付け方がすごい・・・ずっと入ってたい」
「っだめ・・・抜いて、おちんち抜いて・・・いいやぁ・・・はぁっ!」
「抜けないよ・・・あぁ、ゆみさんが離さないから無理だよ」
「うんん~・・・あぁぁぁぁぁぁ・・・いい・・・ぃあ・・・やぁ」
私はお尻の穴を締め続けました。

嬉しいからではありません自然と締めていたのです。
そしてりょう君はおっぱいを両手で揉んだり乳首をつまんだり、おまんこに指を入れたりしていました。
二つの穴を責められるのは初めてだし凄い気持ちでした。

「すげぇ・・・ああ、締まるっ・・・あぁ良い・・・当たる」
「いやぁ・・・ダメそんなに奥に入れないで・・・あぁ・・・いやぁダメェ」
「ゆみさん奥大好きでしょ?・・・あぁなんか当たる・・・お尻に子宮ってあったっけ?」
りょう君が言っている『当たる』ものは私のう○このことでした。
どうやらおまんこ以上の締まりと先端がう○こに当たるので気持ちいい見たいです。
アナルSEXの凄さに私は泣き始めていました。

「あぁ・・・気持ちいい」
「いやぁ・・・抜いて抜いて・・・あぁぅ・・・いやぁ・・・あぁっ!!」
「乱れ捲くってるゆみさん可愛いよ」
「あぁ・・・壊れる、お尻壊れるぅ・・・うぅぅぅ、あぁぁ・・・あぁ」
「おまんこから精子とマン汁出てきてるよ・気持ちいい?そんなに気持ちいい?」
「あぁぁ・・・だめぇ・・・あぁ・・・んんんん~・・・っあぁぁぁ!」
「あぁ・・・良い、当たるゆみさんの当たる」
「あぁぁぁぁ・・・止めて漏れる・・・出る・・・あぁぁぁぁぁ・・・う○ち出ちゃう」
「あぁ~ゆみさんそんなに締めたら逝っちゃう・・・ゆみさん逝っちゃうよ・・・中に逝くよ?」
「いやぁぁぁ・・・だめぇ・・・外、外そとぉ・・・あぁぁぁぁぁ」
「ああぁあぁ・・・あぁ・・・あぁ~」
「*ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
りょう君が射精したと同時にアナルも逝きました。

車から出ておチンチンを抜くと、う○こがポタポタと精液と一緒に出てきました。
りょう君のおチンチンにもくっついていたのでお掃除しました。
りょう君も私のお尻を綺麗に舐めて掃除してくれました。
「ゆみさん、泣いてたの?ごめん」
と謝られましたが許しました。
凄かったので色々な意味で。

そのまま外で今度こそバックで入れてもらい、野外SEXしておっぱいにかけてもらいました。
元気が無くなったのでパイズリで元気にして、騎乗位でアナルのお返しをしました。

「あぁぁぁ・・・ゆみさん逝きそう・・・あぁ・・・逝く」
「いいよ・・・逝ってもいいよ・・・このまま中に出していいよ」
「あぁっ・・・あぁっ・・・あぁ」
「あぁ・・・いっぱい出ててるあんなに射精したのにまだ出てる、りょう君スケベ」
「あぁぁぁぁ・・・ゆみさんの腰使いが上手いんだよ」
と射精してくれましたが、そのまま咥え続けて出し入れを繰り返します。
入れたまま私が満足いくまで射精してもらいます。
若い少年の精子は元気になるので。

「逝ったばっかなのにもう逝きそう・・・あぁぁぁ・・・凄いエロイよ」
「んん~・・・おっぱい揉んで」
「あぁぁぁ・・・あぁぁぁ」
「もっと強く揉んで」
「あぁ・・・こう?」
「乳首もいじめて・・・あぁ」
「ああぁぁ・・・硬くなってる・・・硬い」
「ああああぁ・・・良い・・・おっぱい気持ち良い」
「ゆみさん・・・もうダメだ逝くよ・・・あぁぁぁ」
「私も逝く・・・あぁぁぁぁぁ・・・逝く」

前かがみなりながらお尻を後ろに突き出し、身体をりょう君の身体と重ねておっぱいがぴったりりょうくんの身体にくっついて腰の動きに合わせて身体もスライドさせます。

「あああああああああああああああぁ・・・出る・・・射精る」
「ああああぁ・・・あっ・・・熱い・・・あぁぁぁ」
りょうくんを見ると気持ち良さで気を失っていました。
でもまだ小さいりょう君は元気なので、そのまま騎乗位で私が逝くまで咥えてました。
その間2回射精しました。

おまんこはりょう君の精子でドロドロになって出てきてしまいました。
アナルにも1回出されて前後の穴から二人の体液がいっぱい出てきました。

りょうくんに服を着せて帰りました。
ファスナーからはおチンチンを出しておきました。
信号待ちにしゃぶって帰りました。

家に付くころに意識を取り戻し、普通に家の中に入って行きました。
言い訳は二人でレストランに行ってたことにしました。
あと最後にお腹の中のお父さんの子も順調です。
またりょうくんとエッチしよう。


PAGE TOP