ガンガン突いてそのまま中で果てた【エッチ体験談】

俺の営業所に来るクレジット会社の女の営業がいるんだが、
コイツがなかなかノリが良くて面白い。
飲みに誘ったらあっさりOK。飲みに行くことになった。
当日待ち合わせ場所に行くと、既にそいつは来ていた。
ん?しかも隣にもう一人・・・。
俺「おつかれ~。待った?」
真澄「私達も今来たところですよ~。」
俺「あれ?そちらのコは?」
真澄「このコうちの部署の後輩で由紀ていうんです。よろしくお願いしますね。」
由紀「こんばんは~。よろしくお願いします。」
俺「あ、こちらこそよろしくね。っていうか、俺も誰か呼ぶ?」
真澄「いえいえ、いいんですよ~。
私達仲が良くて、たまにこうやってお互いのお得意様の飲み会とかに
付き合ったりしてるんですから。」

ま、ようは変な事されないようにお互いのボディーガード代わりってやつなのか・・・。
とも思ったが、ま、どうせ1回目で最後まで行くわけないしなって思って、どうせなら男1対女2の飲み会を素直に楽しもうと思った。

俺「んじゃ、適当にどっか入るか。」
そういって俺がよく行く個室のダイニングバーに入った。
中に入って由紀を見てみると、びっくりするくらい可愛かった。
可愛いっていうより美人。
話していくといろいろ分かった。歳が真澄は28歳、由紀は25歳。
(ちなみに俺は当時32歳)

真澄は独身だが彼氏はいる。
由紀も同じく独身だが婚約中の彼氏がいて、来月結婚するとの事。
内心がっかりしたが、一度は飲み会を素直に楽しもうって思ったから酒を交えつつ会話を盛り上げた。

そこの店で盛り上がったが、
真澄「そろそろ2件目行きますかー!由紀はまだ大丈夫??」
由紀「大丈夫っていうか、今日彼は出張なので全然OKですよ~」
真澄「橋本さんも大丈夫ですよね?いい感じの店知ってるんで行きましょうよ」
俺「もちろん大丈夫だよ~。んじゃ2次会は真澄さんのお店いこうか?」
ってな感じで2次会に行くことにした。

そこはショットバーみたいなところだが、VIPルームがあって、完全に個室。
3人でだいぶ飲んだ。
その内彼女等もだんだん下ネタトークになってきた。
最近ヤってないみたいな話しで由紀なんかは結婚間近なのに2ヶ月ないだとか酔っ払ってきたら俺の存在を知ってか知らずか、
ほとんど真澄と由紀のガールズトークになっていった。

3人ともかなり酔っ払って気付くと終電の時間になっていた。
俺「そろそろ終電だから、今日はお開きにするか~?」
と言ったら
真澄「あーーーー!!!私終電行っちゃったーーーー!!!ねぇねぇ、由紀、今日泊めて~」
由紀「そうですね~。いいですよ。」
真澄「そしたら橋本さんも由紀の部屋で飲みなおしましょうよ~」
俺は正直キターって思ったけど、ここは冷静に
俺「だって由紀さんに悪いじゃん」
由紀「気にしないで下さいよ。3人だし。」
俺「んじゃ~、お言葉に甘えますか。」
と言って早速由紀の部屋に行くことになった。

彼女の部屋はここからタクシーで10分くらいのとこらしい。
行く途中にコンビニで買い物をして由紀のワンルームマンションに着いた。
そこでまた3人で飲みなおし。
俺はそこから帰る事もできたが、真澄も由紀も楽しそうだし、
こちらからは帰る事を切り出さないようにした。

で、その後も彼女等からそろそろ帰れみたいな話しは全くなく、そのうち時間も時間だし、寝るかという話しになった。
そして片付けをしてテーブルも避けて、ベッドの下に布団を敷いて俺はそこに寝ることに。
彼女等は由紀のベッドに寝ることになった。
電気も消して横になってしばらくすると真澄が

真澄「あ!私明日朝一番に○○に書類届けに行くんだった・・・。」
由紀「マジですか~??んじゃ何時に出るんですか?」
真澄「一回家に帰りたいし、そしたら6時頃かな・・・。」
由紀「えーーー・・・。」
次の日は土曜日で休みだったし、みんな休みのもんだと思っていた。
由紀もそう思っていたに違いない。
由紀「んじゃ6時前に目覚ましセットしときます。」
俺はその会話を聞いて聞かないふりをしていた。

真澄「橋本さん、起きてますか~? 橋本さ~ん」
由紀「寝ちゃったのかな・・・。」
そこから彼女等のコソコソ話が始まった。
由紀「ちょっと、真澄さん。明日の朝、ちゃんと橋本さんを送って行ってくださいね!」
真澄「わかってるわよ。一緒に帰るよ~。ホントごめん・・・。」
由紀は明日の朝の事を考えると一気に酔いが冷めた感じで、しきりに真澄を攻め立てる。
俺は泥酔していたが、あわよくば明日の朝は由紀と二人きりになれるって期待し始めた。
その内俺もホントに寝てしまった・・・。

朝、まだ暗いうちに目覚ましが鳴った。
由紀「う、うーん。真澄さん起きてください!時間ですよ!」
真澄「あ、うん・・・。あったま痛い・・・。」
由紀「どーします?もうちょっと寝て、家帰らないで直接行きます?」
真澄「うーーん・・・。でも着替えたいし、お風呂も入りたいし・・・。帰る・・・。
    橋本さーん、起きて下さ~い。帰りますよ~。」
俺「ん?今何時??」
真澄「5時半です。私、今日仕事で一回家に帰りたいので一緒に帰りますよ~。」
俺「え?マジで?で、あと何分したら出るの?」
真澄「あと20分もしたら出ますよ」
俺「そっか~。んじゃそん時また起こして・・・・・zzzzz」
と言って寝たふりをした。

20分くらいしてもう一度
真澄「橋本さん!今度こそ起きてください!」
俺「う、うーん。頭痛い・・・。」
由紀「ほら頑張って!」
俺「無理だよ・・・。だめだ・・・。眠いし頭痛いし・・・。」
真澄「やばいね・・・。っていうか、私ももう出なくちゃ・・・。」
と言って玄関のほうに行った。そしたら由紀もついていき

由紀「ちょっと由紀さん!どうするんですか!!」
真澄「大丈夫だよ、大丈夫。なんかあったら電話してよ。とにかく時間だから、じゃね!」 と言って玄関から出て行った。
由紀は部屋に戻って来てベッドにもぐった。俺はこっそり由紀の様子を見るとこちらに背を向けて布団にもぐっていた。

そのうち俺も1時間くらい寝てしまっていた。
時計を見ると7時過ぎ。由紀はこちらに背を向けてベッドで寝息を立てていた。
俺は迷わず由紀のベッドにもぐりこんだ
由紀「きゃっ。ちょ、ちょ、ちょっと。困ります!」
俺「だってさ、俺我慢出来なくなってきちゃったよ・・。」
由紀「そんな事言われても困ります!そっちの布団に戻ってください!じゃなければ、帰ってください!」

由紀は本気で怒っていた。でも俺ももう我慢しきれないでいたので
俺「だってさ、もうこんなになっちゃったよ・・・。」
と言って、勃起したちんこを彼女のお尻あたりにこすりつけた。
由紀は腰を引っ込めると
由紀「真澄さんに言いますよ!!ホントやめてください!!それに私は婚約中の彼もいるんです!!」
婚約中の彼?そう言えば来月結婚するって言ってたな。

・・と思うとむしろ興奮してきた。こんな美人の若人妻を抱くなんて・・・。
俺はそれでホントにおさまりがつかなくなっていた。
プライドも関係なく懇願作戦に出た。
俺「俺、最近こういうのなくってさ・・・。お願いだよ・・・。したらすぐ帰るからさ・・・。」
30分位懇願、拒絶の繰り返しだったが、そのうち由紀が先に折れた。

由紀「出したらホントに帰るんですね!!」
俺「絶対に帰るよ」
由紀「この事は絶対に誰にも言わないで下さいよ。
言ったら橋本さんの会社の上司に言いつけます。」
俺「もちろんだよ。」
と言って彼女を振り向かせると、無理やりキスをした。
そしておっぱいをもんでいると由紀は俺のギンギンになったチンコをさすりはじめた。

俺「積極的だね。」
由紀「このまま出してください。」
どうも彼女は手コキでさっさと出させたいらしい。
出したら帰るって言ったしね。
でも俺はそう簡単に手コキなんかでイってたまるかと思い我慢しつつ
逆に彼女を満足させてやろうと思ってきた。
彼女の手を払って彼女のパジャマをまくりあげ、出てきたおっぱいにむしゃぶりついた。

そして、嫌がる手を払いのけ、パンツの中に手を突っ込むとそこはもうぐっしょり濡れていた。
俺は形勢逆転だなと確信しつつ、わざと
俺「あれ?すっごい濡れてるよ・・・。」
由紀「はぁ・・・。はぁ・・・。」
俺「さっきまでの抵抗はなんだったのかな?」
由紀「だって・・・。そこ触られたら・・・。そう・・・。なっちゃいます・・・。」
俺は一気に彼女のパンツを下ろすと彼女の濡れ濡れのマソコにむしゃぶりついた。

由紀「ちょっと・・・。はぁ・・・。
お風呂入ってないし・・・。はぁ・・・。汚いです・・・。」
たしかに、おしっこの交じり合った匂いもしたが、むしろ興奮するってもの。
俺「大丈夫だよ。素直に身を任せて。」
由紀「はい・・・。あ、ああああぁぁぁぁん。」
俺は彼女のクリトリスを舐めつつアソコに指を入れてかきまわした。

由紀「ちょっと・・・。待って・・・。もうダメ・・・。」
俺「イキそうだったら我慢しないでいいよ」
由紀「はい・・・。あ、あ、あ、イクっ」
そして体をビクンビクンとさせながら俺から体を離した。

しばらく俺に背を向け肩で息をしていたがやっと口を開いて
由紀「なんかさっきまで抵抗していたのに・・・。恥ずかしいです・・・。」
俺「そんな事ないよ。昨夜もご無沙汰みたいなこと言ってたじゃん。
仕方ないよ。気持ち良かったんなら」
由紀「私、ホントに彼が好きで結婚もするのに・・・。
ただエッチの方が淡白というか・・・。あまり求めてこないんです。」

俺「俺なんか由紀さんみたいな彼女がいたら毎日でも求めちゃうのになー。」
と言って後ろから由紀さんに抱きつくとまた勃起したチンコが彼女のお尻に当たった。
由紀「あ、そういえば橋本さんまだ出してませんでしたね・・・。
入れてもいいですよ・・・。」
俺「うん。じゃあ、入れるね。」

俺はそのまま寝バックのまま生で入れた。
由紀「あ、あああああ。はぁはぁ。ゴムしないで入れちゃいましたね。
でも出すときは外に出して下さいね。」
彼女は2ヶ月ヤってないとは言っていたが、確かに締まりは抜群に良かった。
すぐに絶頂感が来たが、そこはこらえて彼女のお尻を抱えて起き上がり、
バックの体勢で突きまくった。

そのまま突きながら覆いかぶさるようにして、クリを触ると
由紀「あ、ヤバイ、イキそうかも。」
その声を聞いて俺も我慢が出来なくなった。
俺「俺もイキそう・・・。っていうかイクよ。ダメだ!抜くよ!」
由紀「あ、待って抜かないで!そのまま、そのまま・・・。突いて!!」

俺「だってもうダメだよ。」
由紀「いいから!!そのまま!!」
俺はもうどうにでもなれって思いで後ろからガンガン突いてそのまま中で果てた。
由紀はまだイケてないようだったので、放出した後も腰を突いた。その内
由紀は体をバウンドさせるようにしてイッた。

彼女は四つんばいのまましばらくぜいぜい言っていたが、
そのうちばたんとうつぶせになった。
俺は彼女の横でそれを見ている内に寝てしまっていた・・・。

数時間たったか、俺たち二人で寝ていたが電話がなって起きた。
真澄らしい。
由紀「あ、お疲れ様でーす。はい、はい、あ、えーっと7時過ぎに帰りましよ。
    はい、はい、では、お疲れ様でしたー。」
俺「・・・真澄さん?」
由紀「7時過ぎに帰った事にしましたので。口裏合わせてくださいね。」
俺「了解」

由紀「もうお昼過ぎましたね~。適当に作るんで食べていってください」
俺「なんか悪いね。んじゃお言葉に甘えます。」
さっきまで帰れ、帰れって言ってたのに、
エッチが終わると昨日の楽しい由紀にもどっていた。
彼女はうどんとごはんを出してくれて、二人で昼食を取った。

飯も食べ終わると、また眠くなってきた。
由紀「また眠くなってきちゃいましたね。お昼寝しましょ。」
と言って二人でまたベッドにもぐってそしてキスをした。
今度は彼女から俺のチンコを触ってきた。
そしてまた二人で重なりあい、また中出しで終えた後、夕方まで寝た。
そして起きてまたセックスをした。

そして帰り際彼女は
由紀「橋本さん、私、来月結婚します!!幸せになりますね!!」
といきなり言った。気のせいか目は潤んでいる。
俺「うん、幸せになってね。じゃあ、またね。」
由紀「ありがとうございました。気をつけて帰ってね」 と言うと、キスをしてきた。
俺もギュっと抱きしめて
俺「じゃあまたね。」と言って彼女の部屋を出た。

次の月になり、真澄は俺の会社にやってきた
真澄「この間はすいませんでした~。また誘ってくださいね。」
俺「そうだね~。今度は終電で帰るようにしようね。」
真澄「そうですね~。あ、そうそう由紀なんですけどね・・・。」
俺「ん?」

真澄「なんか彼女この間、籍入れたんだけど、
旦那さんの仕事の関係で寿退社する事になったんです。
最初は結婚してもしばらく仕事するって言ってたけど、
旦那さんの転勤が決まっちゃって・・・。」
俺はすごく寂しい気分になったが
俺「ま、仕方ないじゃん!ま、幸せになるわけなんだからさ。」
と強がった。
真澄「私も幸せになりたいな~。じゃ、橋本さんも頑張ってくださいね」
その後真澄さんとも飲む気になれず、仕事以外で会う事もしなくなった。
もちろん由紀とは3年過ぎた今も会ってはいない。


PAGE TOP