昔みたいにいっぱい中に出されました・・【エッチな体験談】

あたしは凄い男っぽい性格です。
結婚した今も、よく結婚出来たなーって思います。
色っぽい服なんかもってないし、ブラジャーしないし、男を立てないし。
今の旦那は、昔から付き合いが長くて、身の回りの事全部やってくれるし、一緒にいて楽だから結婚も自然でした。
こんなあたしでも、たまにナンパされたり、友達から告られたりもしてたんですけど、「ふざけんなバーカ!気持ちワリー!」って感じでした。
でも、あたしには唯一逆らえないってゆーか、そいつの前では女を感じてしまう男がいます。そいつはあたしの初めての男です。
あたしの初体験は酷いもので、これは別の体験談で書いてるから省略しますけど、男友達と一緒に行った温泉で輪姦されたんです!その主犯がその男です。

その事件以来、3年位そいつの女をやっていました。
そいつにエッチを全部教わって、そいつのエッチは普通じゃ無い位気持ちが良かったのは事実です。

その時のあたしは、徐々に女っぽくなって、「こうやって女は女らしくなるのかな・・・」って思ってたんだけど、そいつに捨てられてからしばらくしたら、いつもの自分に戻っていました。

あたしにとっては、その男だけが特別だったみたいです。

その男と別れた後は、しばらく忘れられなくて辛かった時もあったんですけど、今の旦那と遊ぶようになって、忘れるようになりました。
初めての男と別れてから5年位して、今の旦那と結婚する事が決まって、そこそこ充実した毎日を送っていました。
そして、結婚式の3日前に事件は起きました。

あたしは平日休みだったので、一人でアパートでダラダラしていました。
旦那は仕事だったので、同棲していた部屋にはあたし一人だけです。
ご飯を買いに、ジャージでコンビニに行こうと思って外に出たら、ビックリする事に、あたしの初めての男の「タクヤ」がこっちに向かって歩いて来ました。

あたしは固まってしまい、声が出なくて棒立ちでした。
タクヤは「うぃっす!久しぶり!」と昔と変わらない感じで接して来ました。
あたしは「あっ、えっ?何?なんで?」と聞くと「お前結婚すんだって?お祝に会いにきたんだよ!」と馴れ馴れしく肩を組んで来ました。

あたしはジャージ姿が急に恥ずかしくなって、ちょっと顔が赤くなっていました。
タクヤは「旦那も休みか?」と聞いて来たので「あいつは仕事だよ」と言うと、勝手に部屋に上がりだしました。

あたしは「ヤバいよ、何してんだよ!」と言っても聞きません。
あたしも部屋に戻ると、タクヤはあたし達の同棲してる部屋を見回して、「へー、お前もツーショット写真とか飾っちゃうんだ!」とか言いながらあたし達の写真を見ていました。

あたしはタクヤと一緒の部屋にいるだけで、乳首が立ってくるのが分かりました。
体が火照ってきました。

タクヤはいきなり後ろから抱きついてきて、ジャージの中に手を入れて、胸を揉んできました。
「あいかわらず巨乳なのにノーブラかよ」と言われると、昔の事を思い出してしまいました。
タクヤは勝手にあたしの胸を揉みまくって、乳首を刺激しています。
あたしはそれだけで、昔タクヤに犯された事を考えはじめてしまいました。

休みの日は、朝から部屋を一歩も出ないでエッチしていた事もありました。
今の旦那より遥かに大きなアレで、あたしが20回イカされて、やっとタクヤが1回イク感じでいつも犯されていました。

タクヤは自分がしたくなると、外だろうが車だろうが、友達と一緒だろうが、すぐにあたしを犯しました。
あの頃は、本当にタクヤの便所でした。
でも、今の旦那は正反対で、イク事はありませんし、一日に何回もする事はありません。
そんな状況でタクヤに会ったら・・・すでにアソコから愛液が漏れだしているのがハッキリわかります・・・

タクヤは「かな、昔みたいにしゃぶれよ」と言って、あたしをしゃがませました。
なぜか、「昔みたいに」とか言われると切なくなってタクヤを好きだった事を思い出してしまいました。
タクヤはでっかいチンチンをすぐに出しました。
昔に何百回もしゃぶらされたチンチンです。
そして何百回も飲まされました。

あと3日で結婚するのも分かっています、タクヤはあたしを好きでも無い事も分かっています、でも、コレを見たら逆らえなくなってしまいます。
あたしの中の本当の自分をむき出しにされてしまいます。

結局あたしはしゃぶってしまいました。
口の中でドンドン大きくなります・・・旦那のモノとは全然違う、口がいっぱいになって、喉の奥を犯されるみたいな感じです。

タクヤは「ケツ出せ」と一言いいました。
昔と何も変わりません・・・
タクヤが言った一言には色んな意味が入っています。

あたしには全部分かります・・・「ケツ出せ」っていうのは、テーブルに手を突いて、自分でパンツを下ろして、生で立ちバックをして、危険日だろうが関係なく中に出す。
この意味が全部入っています。
このどれか一つが欠けた事なんかは一度もありません。
だからあたしが「ケツを出したら」すべて承諾したって事です。

普通は結婚前にいきなりこんな事を言われても、するわけないんだけど・・・他の男だったら「ふざけんな!」なんだけど・・・

タクヤに「ケツ出せ」って言われた瞬間に、ドバッてアソコが濡れるのが分かりました。
そしてあたしはテーブルに手を突いて、ジャージとパンツを一緒に太ももまで下ろしました。

「なんだよ、グチョグチョかよ、相変わらずスケベな女だな」とタクヤは言って、でっかいチンチンをメリメリ入れてきました。
あたしは久しぶりの大きな感触に失神してしまいそうでした。

タクヤが入れてから数秒で「ああん、ダメ、ダメ、いやあ、イッちゃう、もうイク、イク、イクうう、うっ」とすぐにイカされてしまいました。
信じられません。
旦那が何分かけて舐めても弄っても、入れてもイカないあたしが、数秒でイカされました。

やっぱりタクヤには逆らえないって実感しました。
もう太ももまで下ろしたジャージが、潮でビシャビシャになっていました。

タクヤはあたしのケツをビンタしました。
もう最高に感じています。
そしてタクヤはまた激しく腰を打ちつけてきます。

タクヤ:「かな、お前が結婚するとか関係ネーから」
かな :「あん、あん、あああああ、何、それどう言う事?、あああああ、あああん、ああ」
タクヤ:「お前は俺の道具だから、やりたい時におまんこ使うから」
かな :「ああああ、ダメ、何それ、ああああん、あん、ひどい、ああああん、うっ、ああん」

タクヤ:「うるせーよ、おまんこビショビショにしてイキまくってる女が」
かな :「あん、ああん、ああああ、だって、タクヤが、ああああん、あたし、捨てたんじゃん、あああ、ダメ、すごいっ」
タクヤ:「知らねーよ、今また使いたくなったんだからしょーがねーだろ」
かな :「そんな、ああん、あん、ハァハァ、もう結婚するんだよ、ハァハァ、ああ、いやあああ」
タクヤ:「ふざけんな、生チンポ入れてイッてる女がうるせーよ」
かな :「ひどいよ、言わないでよ、ああん、ああん、あん、うっ、くっ、ひっ、ひいいいいいい」

タクヤ:「じゃあ俺と結婚しろ、いいか?」
かな :「いやあああ、うそ、そんなのうそっ、あああん、あん、ああああ、うそだもん、ああああ、ダメえええ」
タクヤ:「嘘じゃねーよ、お前と結婚してーんだよ」
かな :「ああん、ハァハァ、あたしだってタクヤと結婚したかったもん、ああああん、あああああ、なのに、あああああ」

タクヤ:「今の男と俺、どっちが好きだ?」
かな :「ああん、あああん、言えないよ、あああああ、ハァハァ、イイ、すっごい、あああああん」
タクヤ:「言えないって?もう言ってるようなもんだろ?俺はお前が一番好きだよ」
かな :「ひどいよ、あああん、ああん、今更、ハァハァ、あたしだって、ハァハァ、タクヤが一番だもん、ああああん」
タクヤ:「お前は一生俺のモノだからな、いいか?」
かな :「ああああああん、一生タクヤのモノおおおおお、ああああん、イイ、すっごいイイ」

タクヤ:「いつでもヤラせろよ、いいか?」
かな :「いい、いつでもいいよ、あああん、いっぱいしてぇぇぇぇぇ、犯してぇぇぇ、昔みたいにいっぱい」
タクヤ:「俺と旦那と、どっちの子供が欲しい?」
かな :「タクヤの子供ほしいいいいい、タクヤのがイイ、ああああ、タクヤ頂戴、昔みたいにいっぱい出してえええええ」

タクヤ:「おらぁぁ、じゃあ旦那の写真の前で謝れよ、旦那に許可もらえよ!」
かな :「あなた、ゴメンねえええええ、タクヤの子供が欲しいのおおおお、ゴメンね、タクヤが好きなの、忘れられないのおおお、ああああ、タクヤの精子欲しいの、中に出してほしいのおおおお、ああああん、出して、タクヤのセックス気持ちイイからあああああ、旦那より全然気持ちイイ、イク、かなイク、イクうううううううう」

タクヤ:「俺もイクぞ、出すぞおおおおおおお」
かな :「だしてええええええ、中に出してえええええ、赤ちゃんほしいいいいいい」

タクヤは昔みたいにいっぱい中に出しました。
あたしは過去最高の絶頂でした。
もう死体みたいに床に倒れ込んでしまって、失神してしまいました。

気が付くと、タクヤはもういませんでした。
凄い孤独感と罪悪感でいっぱいでした。
下半身裸で、ジャージはビショビショ、ケツは真っ赤に腫れ上がって、アソコからは精子が出ています。
そして、太ももにマジックで、「また犯しにくるから、タクヤ」と書いてありました。

こんな酷い事をされても、もう一度タクヤに会ったら、喜んで受け入れちゃうと思う自分が情けないです・・・


PAGE TOP